スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公園の春と桜 


昨日の鶴見緑地の写真。
ずむ君とるーとが遊んでいる間、一人春らしいモノを探して歩いた。
伸びて間もないツル性の植物や、頭が重くなったタンポポの綿帽子。



目の高さには、芽吹いたばかりの木の芽が、踊るように並んでいた。
似ているようで皆違う。新生児室の赤ちゃんみたいで可愛らしい。



散っている桜も良いと思うようになったのは、ここ数年のことだ。
地面がうっすらピンク色をしているのも良いではないか。
桜色から茶色に変わり、土に帰ろうとしても良いではないか。
一年一年、桜と共に年を重ねている私。来年の桜は、どんなかな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。