スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車で学ぼう 


電車を見に、電車でお出かけ。
乗り慣れすぎて、車窓景色をすっかり記憶したるーと。
川があって、公園があって、その次は学校で、また公園があって…
子連れで電車などの公共の乗り物利用が厳しいという話をよく聞く。
周囲の視線も痛いし、ぐずった時の対応など、とにかく神経を
すり減らし“大変”らしいのだ。「らしい」と他人事っぽいのは、
私自身の考え方、受け止め方がちょっと違うから。

そもそも電車には、いろんな人が乗ってくる。
知らない人と同じ空間で、数分から数十分も過ごすことなんて、
公共の乗り物以外に滅多に無い。混みあうと、自分のテリトリー
さえ守れない。……そう、“世の中”って、こんなとこなのさ!
「世の中にはいろんな人がいる」これを肌で感じさせてくれる
電車は、優れた乗り物だと思う。授業料も運賃だけ。超低料金!
なので、るーとを連れて乗る時は、マナーを守らせる。
座席に膝を立てて座る時は、靴を脱ぐ。大きな声は出さない。
座席が満席近くになったら、一人分のスペースをとらずに、私の
膝の上に座らせる。抱っこで立つ時は、足をバタバタさせない。
……できるのです、2歳児でも。十分に空気を読めるのです。

電車は家とは違う。知らない人が乗り合わせる場所だから、
みんながそれぞれ、気持ちよく乗るために守るべきことを守る。
マナーの悪い大人を正すより、幼児に教える方がはるかに楽だと
思う。この日の帰り、満員の車内で、どかっと1.5人分の席を取り、
当たり構わず怒鳴り散らしている年配の男性と会った。
「近頃の若者は年寄りをなめとる!!!席を譲ろうともせん!!!
このアホどもがっ!」こういう人と乗り合わせるのも勉強、勉強。

今日は電車を見る事が目的だったので、2時間半を駅のホームで
電車を眺め、1時間半を電車に乗って過ごした。(詳細は後日)
家に帰りついた時の感想は、「楽しかった~、また行こう♪♪♪」
「大変」なんて二文字は、1度も浮かばなかった。タフだな、私。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。