スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状に困惑 

070102.jpg
実家に帰り、皆で手巻き寿司を囲んだ。
「そうそう、ゆんちゃん宛に年賀状が届いてたわよ」
母から手渡された1枚の年賀状…
結婚して実家を出て、もうすぐ6年になる。
今頃実家に送られてくる年賀状に心当たりがなかったので、
いぶかしく思いながら差出人名を見た。

……はぁ!?

ずむ君も知っている人だったので、年賀状を見せた。


……はぁ!?

学生の頃のバイト先で一緒だった男性で、ずむ君のバイト仲間でも
ある。(私とずむ君はバイト先が一緒だった)
しかし、当時でも年賀状のやり取りをしたかさえ曖昧で、卒業して
からは、会うこともなかった人だ。12年間消息を知らずにいた人
から年賀状もらってしまったら「はぁ!?」しか言葉は出ない。
しかもパソコンで打ち出し、手書きの部分が全く無い。
「お久しぶりです。久しぶりにバイトの同窓会しませんか」なら、
まだわからなくもない。「去年はお世話に…今年もよろしく…」
そんな決まり文句しかない年賀状に何を思えばいいのだろう。

そういえば、当時の彼は、ちょっと普通の感覚ではない部分が
あった人だ。恐いので、返事はしないことにしたが、できれば
「あて所に尋ねあたりません」で送り返したいぐらいだ。
…ふと思ったが、受け取った私の実家が受け取り拒否をしたと
した場合、宛名の人物(私)はその住所のいないわけだから、
「あて所に尋ね…」に該当するのではないだろうか?
来年も届いたら困るので、郵便局で相談してみようか…

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。