スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父眠り子歩く 

寝る前に本を読むのが習慣の夫ずむ君。
本を読んでいるうちに、睡魔に襲われ、無抵抗のままスイ~っと
眠りに入るのが理想だという彼だが、後始末担当のこっちは
えらい迷惑をしている。
「なぁなぁ、眠ったら電気消しといてくれへん?」とほざかれても、
「自分で消さんか!」と一蹴しているが、「ちぇっ、自動電気消し機が
発明されへんかな」などとのたまって、改める気配が見られない(怒)
(ちょっと待て。“自動電気消し機”って、タイマーのことやんな?オイオイ…)

050923_01.jpg

今夜なんぞ、電気消し依頼を容赦なく切り捨てた5分後に、
このありさま(↑)。
あまりの寝入りの良さに、タヌキ寝入りを疑ったほどだ。
ドタドタ布団を踏んづけて、荒々しく電気のスイッチを消しても、
起きやしない。

ずむ君は日ごろからよく家事をやってくれてはいる。
買物、料理、皿洗い、洗濯物たたみ、ゴミ集めにゴミ出し、
子育て全般(授乳以外)、「全国の夫家事参加ランキング」
なんてのがあれば、間違いなく上位入賞するだろう。

だからといって、電気つけっぱなしは、どうやねん。
優しい妻なら「疲れているのね、仕方ないわよ。うふふふふ」と、
帳消しにすべきところ?
妻としての出来がイマイチの私は「ま~ったく、夫のヤツは、
ホンマにもう、ぶつぶつ」と、思いきり文句を垂れたいところだが…

050923_02.jpg

今日は1歳+25日の息子るーとが、歩いた記念日でもあるので、
我慢しといたろ。(約5歩♪)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。