スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコの火 

昨日大阪の街中で、赤ちゃんの乗ったベビーカーの中へ火の付いた
タバコの吸殻が投げ入れられる事件が起きた。乗っていた男児は
顔などに5日程度のヤケドを負ったそうだが…(犯人は即逮捕)

全く持って腹立たしい!!!
だいたい歩きタバコ自体が許せない。ポイ捨てなんて論外。
傍若無人な“タバコ吸い”が世の中多すぎる。
タバコの有害性はもちろんのこと、火の付いたモノを持ち歩く
危険性も考えて欲しい。「街中を堂々と火の付いたモノを持ち歩いて
許されるのは、聖火ランナーに限る!」…そうしないか?

子供の頃、夏祭りの人ごみで歩きタバコの火が腕に当たって水ぶくれ
を作ったことがある。「熱い!」私の声は、当の本人に届かないまま
だった。どこの誰だか知らないアナタ…でも私は一生アナタの事を
忘れないよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。