スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー少年 

040616.jpg

我家のベランダから見える大きなグラウンドでは、よく少年サッカー
の練習や試合を行っている。「サッカー見てくるわ」と言って、
ずむ君がベランダへ出るのは、この光景を眺めるためだ。
今日は人数も多く、終始歓声が上がっていた。練習試合を行っている
模様。暑い中ボールを追って走り回る少年たちの熱気が、見ている
私の所まで伝わってくる。

その昔。と言っても、私の小・中学校時代。野球少年の方が一般的
だった。少年サッカーチームがあった記憶はない。
Jリーグが発足されたのはそのずい分後だったから、課外クラブで
サッカーを選択するしか、サッカーをする機会はなかったのでは
ないだろうか。

中学校時代、好きになった男の子はサッカー部に所属していた。
運動場で練習する姿をよくこっそりと校舎の影から覗いたものだ。
そんな彼とたまたま話すきっかけが出来たのが大学生の時。
数年ぶりの会話にドキドキした。「クラブか何かやってるん?」
私の問いかけに「マンケン」と答えた彼。

マ……マンケン(`□´;)!?????

漫画か、漫才かは確認しないままだったが、どちらにしろサッカー
から離れてしまっている事実にショックを受けた。(大学まで
サッカーをするのは、よほど打ち込んでいる人限定だとは思うけれど)
嘘でもいいから「今でもサッカーやってる」と答えて欲しかった。
相当勝手だけれど、乙女心とはそういうもの…(でしょ?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。