スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンの聖地 

040801_01.jpg

去年の秋、大阪府池田市にオープンした話題のラーメン店、
「麺翁百福亭(めんおうももふくてい)へ行って来た。
インスタントラーメンの発明者、安藤百福氏がチキンラーメンの
開発ではなく、ラーメン店を開いていたらどのような味の、
どのような店を作ったであろうか」をコンセプトに、博多一風堂の
河原成美氏がプロデュースしたという非常に注目度の高いラーメン店
なのだ。

時間的にはお昼のいい時間帯。
しかし行列などはなく、店内の7割ぐらいが埋まったような状態。
落ち着いた和風の内外装。丁寧かつ威勢のよい店員たち。カウンター
席に座ったが、とても落ち着いたいい雰囲気を味わうことが出来た。

040801_02.jpg

新味と元味の2種が看板メニュー。
2人以上のグループだとだいたいこの2種を半々で頼んでいる。
私達もそれぞれを頼んで、互いの味も楽しむことに。
鶏スープの元味はチキンラーメンを彷彿させる出来ばえだが、
ごぼうの風味が新しく感じられ、新・チキンラーメンといった
ところだろうか。
新味はトンコツベースにはなっているものの、一貫して感じられる
のは、和風の味わい。スープの違いだけでなく、店内で打っている
手打ち麺やトッピングもそれぞれ変えていて、創設者のこだわりが
感じられた。

040801_03.jpg

餃子の代わりに…という百福まんじゅうの中身は、野菜餃子風。
お冷(水)ではなく、ルイボスティーが出てくるのもこの店ならでは。

「良かったね」「美味しかったね」
美味しいラーメンに出会うと、幸せな気分に浸れるなぁ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。