スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人クン 

数週間前、ずむ君の職場に新入社員がやって来た。
新入社員といっても、家族・親族でやっている仕事なので、新入も
何もないのだが……ちょっとこれが、訳有りの“新人クン”なのだ。

何でも彼は得意先の会社社長の孫息子なのだが、高校中退してから
仕事に就かずプラプラしているのを見かねた祖父(得意先の社長)が
ずむ君の仕事場に遣わしたという訳で……
「自分の会社に入れても、ろくな働きが出来ないのは目に見えて
いる。他の従業員の手前もあるし、そこそこ仕事が出来るように
なるまで、しごいてやって欲しい!」という事なのだ。

新人クンの給料はその得意先が払うことになっており、ずむ君の
ところでは数ヶ月仕事を教えるだけ、という契約内容。
タダで人を雇えたと言えば聞えはいいが、かなりの足手まといらしい
のだ。そりゃ、ヤル気があって修行に来た人間と、働きたくないのに
祖父に言われて嫌々来た人間とでは、雲泥の差があるってもの。

来て3日目で「しんどいので休みます」と3日連続欠勤。
仕事中も日に何度もトイレに駆け込んでは、10分も20分も中で
休憩するという無気力ぶり。

中でも、今日の新人クンの話は私のツボにはまった!
朝8時出勤のはずの彼から、8時ジャストに電話が入ったそうな。

「寝坊しました。今から家を出るので30分ぐらい遅れます」

目と鼻の先に住んでいながら、何で家出て30分もかかるんや?

理由は簡単♪
彼は、仕事場の並びにある喫茶店でモーニングを食べるのが日課に
なっているからだ。
(祖父にその喫茶店のモーニングチケットをもらっているらしい)
寝坊したこの日も、喫茶店前には新人クンの自転車が堂々と停められ
ていたそうな。すぐ近くでは、みんなが仕事しているというのに。

そりゃあ、そんなんじゃ、社会ではやってけまへんがな(笑)
正規の新入社員なら、サヨナラしてもらうところだが、訳有り雇用の
ためそうもいかず、契約の終わる数ヶ月後を待つしかないらしい。
仕事を覚えて祖父の会社に入ったとしても、そんな意識の持ちよう
では前途多難だと思われるぞ。

が、今では「今日の新人クンはどうだった?」と、ずむ君から様子を
聞き出すのが、私の楽しみのひとつになっていたりする。ずむ君達
には悪いが、新人クンよ、もうしばらく私を楽しませてくれ~(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。