スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳児の納得 


本日、息子るーと1歳10ヶ月に。
↑滑り台は必ず腹ばいで足から滑り降りる、こだわりっ子。

1歳半を過ぎる頃、大きな変化を感じるようになった。
それは、るーととの関係が、ものすごく楽になったということ。
「赤ちゃんだった幼児」から「子供になる幼児」へ変わり、
ヒト対ヒトの付き合いが(少しだが)出来るようになった。
「アレやりたい、コッチがいい」意思を伝える言葉が出せない分、
思い通りにいかないと、「ギャーーー!」と泣き暴れて抵抗するが、
思い通りにさせられない理由を説明するとわかってくれたりする。

例えば、夜になってからベランダへ出ようとする息子を止める時。
「もうベランダに出たらアカンよ。ほら、外は真っ暗でしょ。
真っ暗は夜だからね。ほら、あそこにお星様でてるよ。お星様が
出ていたら夜なんだよ。お星様が出てない明るい時にベランダに
出ようね。昼に出たときは明るかったね…(泣き止むまで話は続く)」
言葉の意味は全てはわかっていないはず。だけど、これだけで
「出るのはやめよう」と、1歳児なりの納得をするから不思議だ。

「説明」が効果的とわかってからは、「アカン!」「ヤメテ!」と
怒る前に、自分の頭を説明モードに切り替えるようにした。
その方が、自分自身キリキリしなくて済むし、話している間に、
心が落ち着く。「お、私ってば、いいこと言うや~~~ん♪」と、
自分の言葉にうっとりすることも無くも無い。(←アホな私)

「話が長くてウザイ」「また同じこと言うてる」と嫌われるまでは
語る母さんでいこうと思う。有効期限は、相当短そうだけど。

コメント

■あきぽんさんへ■

そうですよね~「怒る」と「叱る」って違いますね~~~!
「怒って気分スッキリ♪」ってのもまず無いし。
余計イライラが募るだけで。

逆に中1の男子になった息子というのは全く想像できません…
大きくなった分、思い出がいっぱいってことなんですね。
いいな~、そうやって振り返れるのも!(^。^*)

■くみちょんへ■

ステキ?…じゃ、今度、くみちょんにも語っちゃる!(笑)

こんにちは~ゆんさんv-222
説明って大事だと思う。うん。
怒ると叱るじゃあ大きく違うv-218

我が家は現在中1男子。
るーと君のような時代もあったなぁ・・・と、
しみじみでございますよ(笑)


Wonderful♡

いやん(*^。^*)素敵なお母さんしてるぅ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。