スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら夢の国 


今夏で奈良ドリームランドが閉鎖になると聞いて、その前に一度
行っておかなければ、と思った。過去に訪れたのは3~4回ほど。
10年ほど前、ずむ君と二人で行ったのが最後だ。
PUFFYのデビュー曲「アジアの純真」が大音量で流れていて、
「これ奥田民生がプロデュースしてるやつやんね~」「白のパンダが
どうだこうだって歌詞の…」と話したのだけは鮮明に覚えている。

子供が楽しいから、大人も嬉しいでしょ?という昭和式の遊園地。
幼稚園・小学生なら十分楽しめるに違いないが、入園と乗り放題で
大人3800円、小人3200円することを考えると、他(USJなど)
で、大人自身も楽しめるほうがいいと考えるのも無理はない。
今は街中だって、老若男女を問わない遊び場になっている。

思いつくだけでも、大阪府下ではPLランド・狭山遊園・玉手山
遊園地、隣県ではあやめ池遊園地・伏見桃山キャッスルランド・
ポートピアランドなどが続々閉鎖されてきた。
観覧車は遊園地に行かなくても乗れる時代、夢のような体験は
ゲームでも出来る時代……仕方の無いことなのだろうけれど。

「子供を楽しませるための大人の精一杯」が詰まった園内を
歩きながら、少しばかり切なくなった。幼少期から、足繁く通って
きた人は、もっともっと胸に迫るものがあるんだろうなぁ…
(本館HP内「カメラと散歩」にもUP)

コメント

■マイトさんへ■

マイトさん、はじめまして。
奈良ドリームランドの最終日へ行かれたんですね!
後で拝見させていただきます(^^)
私たちが行った時は、日曜の割りに人出が少なかったものの
“終わり”を感じるものはありませんでした。
(休止中のアトラクションはいくつかありましたけど)
団塊ジュニア世代としては、本当に淋しいものです。

はじめまして。

最後と聞いて懐かしいドリームランドへいってきました。
ほんと寂しい限りです。
ウチでも奈良ドリ取り上げてます。
よろしければのぞきに来て下さいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。