スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて観た映画 



特別企画の「南極物語」をテレビで観た。
実は、私が初めて観た映画が、この「南極物語」だ。
当時10歳。映画館は難波の…おそらく南街会館あたり。
父・母・弟(8歳)・妹(2歳)、家族5人揃ってでは、
最初であって最後でもある映画鑑賞となった。

二十年以上経って観直し、いろいろ思ったのだが…先ず、犬だけの
場面でナレーション入っており、それが全く記憶になくて驚いた。
アンコの死が飛びぬけて残虐で、直視するに耐えない場面だった
ように思っていたが、他の犬同様、おだやかな痛ましさだった。
日本での場面は、リキの飼い主(少女)が泣く場面以外は
これっぽっちも覚えていなかった。(大女優の方々、ごめんなさい)

ずいぶんと当時の記憶や感じ方が違っていたが、ひとつだけ同じ
ところがあった。それは大陸へ消えていった風連のクマの「死」…
「死んでないのではないか」とクマの死だけは納得できず、何度も
父に尋ねた。今もやっぱり「生きてるかもしれないのに」と思う。

リメイク版の前宣を観て、「画面がクリアすぎる」と感じた。
極寒の南極が、こんなにクッキリハッキリ細部まで見えていいの
だろうか。旧作の方は、映像がクリアでない分、自分がその場で
ゴーグル越しに犬たちを見ているような臨場感があったけれど…
映像技術の進歩が、必ずしも良い結果を生むとは言えないのでは?
と勝手に危惧してみたりして…。でも、リメイク版は観てみたい。

コメント

■返信■

> えだまめさん
ね~ね~、ナレーションなんてビックリよね~。
それも教育番組みたいな、説明的なナレーションだしさ(笑)
出演者は皆若いね、当たり前だけど(笑)

リメイク版は予告をチラッと見ただけだから、
どんな仕上がりかはわからないんだけど…
日本版の淡々した進行とは違い、アメリカンジョークなんかも
入り混じった、山場盛りだくさんの作品なんだろうなぁ~。
感動の仕方が違いそうだけど、観てみたいね♪

> 163さん
初めての映画館…もうそれだけでドキドキよね。すごい人だし、
館内は暗いわ、スクリーンはでかいわ、音響はすごいわで…
立ち見が当たり前の中で、よく家族皆で観れたもんだわ。
(父が頑張って席をとっていた)

映画は昨秋、1歳になったばかりの息子も一緒に
「星になった少年」を観に行っちゃったのが最後。
今すごく行きたい気分よ。子連れはもうムリっぽいな…(苦笑)

私も初映画でした。

そうそう。私も初めての映画で、映画ってどう見たら良いのか、田舎のアホ小学生は分かっていませんでした。なので大騒ぎで館内走りまくって偶然担任の先生がデートしていた所に遭遇してしまったのでした…次の日、先生に「うるさいヤツ。誰や!!」って思ったら163やったな。静かにせんな迷惑やで!と叱られた想い出ばかりで、犬の行方はさっぱりっす。

そうだよね~

ゆんさんこんにちは(^-^)
私もこの間の「南極物語」見ました~。
ナレーションなんて入ってたんだ!?
とびっくり。
昔見たかもしれないけど、全然覚えてなかったので。
あと、高倉健と渡瀬恒彦が若い!ってのにもビックリ(^-^;)

リメイク版はクリアな感じなんだね。
見てみたいし、きっと感動すると思うけど。。。
やっぱり本物の方が泣けるなあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。