スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴柄の風呂敷 

050122_01.jpg

昨日に引き続いて、今日も寒かった。
昼間は太陽が出ていたので、室内にいる分にはぬくぬくと
過ごせたが、一歩外へ出ると別世界。
ついつい引きこもりがちな生活に……春が待ち遠しい。

050122_02.jpg

昨夜、アップルパイを焼いたが、見事に失敗した。生地の作り始めで
大きな過ちを犯しており、失敗は目に見えていたのだが。
モザイクをかけないといけないほどなのに、フィリングが美味しく
仕上がったおかげで、そこそこに食べることが出来た。

リベンジ!と、生地を作り直して臨んだのだが…今度は焼きを誤った。
生地が堅いったりゃありゃしない。こんなダメダメパイなのに
「さっき、焼きました♪」とずむ君の実家に持参したのも、
二重の失敗だった。(皆、優しいから黙って食べてくれたけど)

050122_03.jpg

パイを包んで行った風呂敷を見て、小学一年生の甥っ子が「わぁー!
これ、旅に出るやつみたい!」と言った。
なんと初めて実物を見たらしい。
ずむ君も私が風呂敷を使うたびに「今時、風呂敷って…」と笑う。

写真の鶴柄の風呂敷は、とても思い入れのあるもの。
もう10年以上前のことなるが、弓道部時代に弓道着を包んで
持ち運んでいた。弓道部員にとって風呂敷は必須アイテムだった。
私の実家でも日常的に使われていることもあって、風呂敷が
“昔の物”だという意識は全くない。
包む物の形を選ばない風呂敷は、とても便利。
これからも、現役バリバリでいてもらうから、よろしくね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。