スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメチェンへの誘惑 

半年ぶりに美容院へ。
今まで年に4~5回、スローペースではあるが定期的に通っていた。
産後は一人のまとまった時間がとれない上、煩わしさもあって、
あまり行く気が起きなかった。
肩下20センチのストレート。日中は束ねていることが多いので、
こまめに手入れをしなくても、問題なく過ごすことが出来るのだ。
「1、2年、伸びるに任せて放っておこうか」とも思っていたが、
人に洗ってもらうシャンプーの気持ちよさを味わいたくなった。
午後から遊びに来た妹に、るーとを預けて出かけることに。

「ばっさり切りたい気持ちもあるんですけど、まめには通えないので
今回も毛先をそろえるぐらいにしようかと」
もう2年近く同じような髪型を維持し続けていた消極的な私に、
担当の美容師は「段をあまり入れなければ、少しぐらい伸びても
大丈夫ですよ!短めのボブが流行ってるし、イメチェンして
みませんか?似合うと思いますよ」と提案してきた。
イ・メ・チェ・ン……魅力的なその言葉に、思わずうっとり。
「切ります、切りましょう、切っちゃってくださ~~~い!」

切った後、頭が軽くてビックリ!
シャンプー量とドライ時間が半分以下で済みそう♪

鏡に映る姿を自分で撮影しているので、
妙なポーズだが、こんな感じ↓

050126_02.jpg

私を見たずむ君の第一声は「おっ、新鮮!」だった。

私 「いいよね?」  ずむ 「新鮮、新鮮!」

私 「似合ってる?」 ずむ 「新鮮、新鮮!」←何を聞いても同じ

……褒めてるつもりなんだろうけど、卸売市場じゃないんやから、
お世辞でも「カワイイ」「似合う」ぐらい言ったらどうやねん。
妻を喜ばせておいて、損はないんちゃいまっか?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。