スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三世代でUSJ 

※2月10日の話

「一度は行っときたいのう」
一昨年あたりからの義父の強~~~い希望により、義父母と一緒に三世代でUSJへ。義母は10年ほど前に甥っ子たちと来たことがあるとのことだが、義父は初めて。
待つのキライ、寒いのキライ、歩くのキライと三拍子そろった義父。しかもヘビースモーカーとくれば、一番向いていないのが冬のテーマパークだろうと思う。それでも「行きたい!」と……ええ~、大丈夫かいな!
「行きたい行きたいと言うてるから、我慢して付き合ったってくれ。1回行ったら、満足して死ねると思うから」と夫ずむ君。
私の躊躇の理由は、「不向き」であることと「体調の心配」だったのだが、ただ単に「義父母と出かけるのが嫌な嫁」に映ったかしら。

「行きたいんやから、行こう!」と出かけたわけだが、午前中で帰ってしまうんじゃないかとハラハラしながら入場した。
ところがどっこい!義父は、孫のペースそのままに付き合ってくれた。
「お義父さん、頑張ってくれてますねー!」 「おう、頑張っとるよ!」
見直したと言っては失礼か。
朝から夕方まで、本当に頑張ってくれたと思う。


そんな義父を、ジョーズでびしょ濡れにさせてしまってゴメンナサイ。
サメや爆発シーンがよく見えるだろうと、ボートの端の座席を勧めた私は鬼嫁……
これって、そんなに濡れったけなぁ?風向きが義父に集中していたとしか思えない濡れっぷり。しかもハンドタオルしか持ち合わせておらず、義父を拭きながら平謝り!(風邪ひかないで良かった……)


「おお、るーとは上手いこと乗りよるのぉ」
ビッグ・ドライブでは、孫の手慣れた運転に目を細める義父。
「こんなんがあったら、子供は喜ぶわ~」
甥っ子の時はなかったワンダーランドに喜ぶ義母。



あぶはキティのスティックをプレゼントされて大喜び。
女子度120%のデザインが娘のハートをつかんでしまった。ボタンを押すと「しゃららら~ん」という変身系の音と共に七色に光る。
(…そんだけで2000円。いろんな意味で私には買えましぇん)
この手のスティックの難点は、電源を切るスイッチがないこと。
どれだけ娘が気に入っても、「持ってて」と持たされる時間の方が長い。カバンに突っ込んでいると、ボタンに物が当たるたびに「しゃららら~ん」と乙女チックに振動し、スマホのバイブと勘違いさせられる。
ややこしいねん!(怒)



ウォーター・ワールドでは、放水銃を使った戦闘シーンで虹が現われ、幸運の女神と一緒に回っている気がした。

晴れ渡り、寒さが和らいだ穏やかな一日……
天候ひとつをとっても、何度も「ありがたい」と感じる。若い頃は、ここ一番の時に快晴でも「ラッキー」で終わっていた。運も実力のうち、ぐらいに思っていた。

「本当に今日はいい天気でしたね。寒がりなお義父さんが、寒いって言ってませんもんね」何度同じセリフを口にしても、義母は「ほんまやで。こんないい天気、めったにないで。ええ日に来れたわ」と応じてくれる。
こういうやり取りをしている自分に年をとったと感じるけれど、いやいや、なかなか良いもんです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。