スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとうDS! 

※8月6日の話


誕生月に入ってすぐ、祖父母から3DS本体とソフトをプレゼントしてもらった息子るーと。2年生にして、DSデビューを果たした。(友達のをやらせてもらったことはあった)

元々Wiiもない我が家。本人も「ほしい」とは言わず、友達とはゲーム以外で遊んでいた。いつかゲームはやり始め、それなりにハマる時期が来るだろうと、あえて勧めずにいた。
夏休みに入って、私の身の回りのゴタゴタが続いたため、家にいても子供を放ったらかしで難事の対応に追われる時間が多くなった。
ふと、DVD再生マシンとなっているプレイステーション2で、昔のソフトを遊ばせたら喜ぶのでは?と思って接続したのが……
なつかしの『塊魂(かたまりだましい)』。

ナァ~、ナナナ~ナナナナナ、ナ~ナナナナナ~…♪
「ええっ!これ(PS2)ってゲームも出来るんやったん!?」
目をキラキラさせて、塊魂に取り組んだるーとだったが、エラーが出て練習のステージしか出来ない。(液晶対応してないとか?)
町の様々なものを巻き込み、数百メートルの大きな塊に仕上げるのが楽しいゲームなのに、最大10㎝で終了してしまう。それでも「10cmまででいいから、もう1回!」と、飴玉やクリップなどの小物をくっつけて喜ぶるーとを見ていたら、申し訳なさも手伝って「DS、いいんちゃう?」という気になってきた。

そこで実現したのが、爺婆様からの誕生日プレゼント(^▽^)


周りで持っていない友達はいないDSを、遅まきながら手に出来て、それはもう大喜び!「ほしい」と言わないのは、遠慮だったんだなぁ。
↑マリオの動きに合わせて本体を振り回すので、見ている方が酔いそうになる(笑)3Dにはせずに、2Dのみ。3D画面は気持ち悪~くなってしまい、予想通り親子共々ダメだった。

「やることをやってから1日30分まで」「家から持ち出さない」の約束を守り、自分でタイマーをセットして遊んでいる。気になっていた、3歳児あぶは、たまに横から見ているぐらいで操作しようとはしない。私もやる~!と言われるとややこしいなと思っていたので安堵。

この夏、我が家にDSという新風が吹きこみました(^^) 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。