スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕プレは消え物で 

私の誕生日近くになって、実家の母から電話があった。
「欲しい物ある?ないでしょ?だったらアイスにしようと思うんだけど。あと、ジャガイモを持って行くわ。アスパラもたくさん持っていくから。プレゼントは、アイスとジャガイモとアスパラでいいことにして!」

「欲しい物ある?」から「いいことにして!」まで、口をはさむ間がない。
最後に「ウン」と答えるのが母娘の会話の普段のパターンだ。
四十の娘の誕生日プレゼントにアイスとジャガイモとアスパラって(笑)
攻めの標準語に、ツッコミは想定外。思い返すとツッコミどころ満載なのに、もったいないことしてるな~と電話を切ってから思う。
娘は大阪人。絶妙の母娘掛け合いというものをしたいものだ。

※6月5日の話

予告通り、アイスをたくさんもらった。祝われ主の特権で私が選ばせてもらったのは、毎度ながらチョコ。(もしくはコーヒー系)
「たーたんは、茶色の味が好きなんやな」と子供たち。あ、ホンマや。

ちなみに子供はイチゴやグレープのフルーツ系が好きで、母はラムレーズン、実家の弟はバニラ。住み分けが出来ていて、争奪戦にならない。



こちらも予告通り、生協で頼んでくれたジャガイモを箱で。
カルビーの契約農家のジャガイモで、品種はトヨシロ。
本当は「伯爵(ワセシロ)」という品種が母の一押しだが、長いこと取り扱いがないのだそう。母にジャガイモのこだわりがあるなんて知らなかった。それなら、母の誕生日には伯爵を贈ろうかな。箱に真っ赤なリボンをかけて(笑)

カルビーのために作られたジャガイモならば……


ポテトチップスは外されへんやろ~♪
パリンパリンに揚がった自家製ポテチは大好評。
消え物の誕プレは、家族の身になりました。(感謝)

コメント

■163様■

ふっふっふ…パリンパリンの薄さは、スライサー頼みやで(^m^)
千切りが出来ない包丁技術にあきらめを付けて、
主婦歴十年越えにして、スライサーを買ってみてん。
それならポテチできるよ!やってみて!

祝い事っつーのは半分口実かな(笑)
○○の誕生日だからプチ贅沢でアイス買ってもえんちゃう?みたいな。
皆でワイワイできて美味しければ、ええのです、ええのです!

ポテチ美味しそう!

ポテチ!美味しそうやな〜!
家で作ると分厚かったりするけど、こんなん作れるの?

それから、お誕生日アイスいいですね〜
…もう祝われる歳でもないけどね〜〜〜なんて。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。