スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御堂筋フェスタ 


午後から難波へ。強烈なインパクト、なんば道頓堀ホテル前の四体像前を歩いた。左から東洋人・アフリカ人・アラブ人・西洋人だそう。モデルは実在?もう何度も見ているけれど、カメラを向けたのは初めて。
「わあ、でっかい顔!」 「なんで、お腹ないん?」と、疑問をもったあぶ。お腹どころか人体の大部分が省かれている。顔から手足が伸びるというありがちな幼児画を、リアル化するとこんな感じか。



この日は13時から17時まで、御堂筋の新橋~難波西口間を通行止めにして、御堂筋フェスタ2012』が開催された。
ナンバヒップスのフリーホール跡がロッククライミングに変わってる!と驚いたが、同日開催のクライミングの大会のためで、常設ではなかった。人も車も通る御堂筋沿いのビルへの設営、大変そう~。



第一の目的はスタンプラリー。…ラリー大好き一家でっす(笑)
半径500m内の9つのポイントを回って、元 精華小学校にゴールするというもの。楽勝楽勝♪と順調に回っていたら、9つ目の最後のポイントでハプニング発生!
ポイントを示すノボリはあるものの、人もスタンプ台も見当たらない。ラリー参加者数人でオロオロしていたら、商店街のハッピを来た人がノボリを片づけに来た。
「え?もう終わりなんですか???」
「ハイ!」……それだけ答えて、さっさと行ってしまった。
終わり?終わりって何?
時刻は14時、パンフレットには、ラリーは17時までとなっている。
「終わりってなんやそら!子供がスタンプ押すのを楽しみに来てるのに、いきなり終わりはないやろ!抗議や抗議!」お孫さんの手を引いた年配の男性や会社員風の男性らと共に、ゾロゾロと元 精華小学校へ。



にぎわい広場会場となっている小学校では、ラリーのゴールポイント(ガラガラ抽選)に長い列ができていた。列の後尾で、抽選の賞品がなくなったためにラリーは終了だと話す責任者らしき男性に詰め寄った。
「5時までとなってんのに、いきなり終わりはないやろう!」
「あちこちでさまよってる人がおるで、かわいそうに!」
「スタンプを押すのを楽しみに参加してんのに!」
「賞品ないなら調達したらええやないか!」
……ん?最後、ちょっと違う。パンフレットにも『賞品がなくなり次第終了』となっているので、賞品の有無は市仕方がないと思う。ただ、いきなりラリーポイントを閉鎖されて宙ぶらりんになってしまった人に対しての、責任を問いたいのだ。「賞品はなくていいから、ラリーを楽しみたい」というのが、ラリー愛好者の思い。実際、るーともあぶも、ポイント探しとハンコ集めを楽しんでいる。ガラガラ抽選の特等『温泉高級ホテル宿泊券』は関係ない。(当たればうれしいけど、それは大人の欲)

結局「今後の勉強にいたしますのでご容赦を」と急きょ参加賞を補充し、抽選は延長された。列に並んだ私たちは、9番とゴールに赤ペンでチェックされてうまい棒をもらった。(他の参加者もくれたのでいっぱいに)
「最後ハンコじゃなかったね」 ラリー台紙をマジマジと見つめるるーと。
スタンプラリーなんだから、スタンプ押してほしいぜぇ~!(切望)
小学校を出て御堂筋に向かい途中、ラリー台紙を手に途方にくれている人を何人も見かけた。「最悪やな、スタンプラリー!」と口にしている人も。……とても残念なラリーだった。



心斎橋あたりまで遊歩道となった御堂筋を歩いた。ビルと街路樹に挟まれた細長い空間にカフェテーブルが並ぶ様子は欧米ぽい。
ラリーのがっかり感を、ずむ君はストリートバスケで、私は大道芸で発散した。思い切りする拍手って気持ちいい!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。