スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7時半に金の輪 


冷めてはないけれど、日食グラスを買う予定ではいなかった。
周囲が熱を帯びてきて、学校からも「日食だより」をもらってくるし、先週のドラえもんも日食ネタだしで、小2るーとが「朝礼で校長先生が日食グラスで見るようにって言ってた。直接見たら、目に悪いエイキョーがあるねんて。日食グラスっていうのがあるらしいけど、うちには無いやんな…」と物寂しげにアピールするようになった。
先週末にセールで残っていたグラスを1つ購入したら、最強の武器を手にしたかのように小躍り。食い入るように天体ガイドを見る姿を見て、もっと早くに気持ちを汲んでやれば良かったと、わが身を反省した。

衛星の月が太陽を隠すという大胆な技を披露する日食。それ自体神秘だけれど、何よりスゴイと思うのが、ピタリと当てちゃう天体予測。当然のように「大阪は7時28分30秒に重なります」と言えてしまう、この技術(計算力?)。途方もなく広い宇宙を思うと、身が震えてくるのは私だけ?

ここ大阪では、雲に邪魔されることなくクリアに観察できた。
登校準備を済ませた子供や近所の大人も集まって、にぎやかな時間を共有した。同世代の人とは「子供の頃、日食を見るからって黒い下敷きでさ~!」「そやそや、下敷き!」と“昔話”で盛り上がったり。
朝一テンションを上げ過ぎたせいで、夕方になって疲れがチラホラ…
張り切って5時起きしたるーとは、夜まで持つだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。