スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3週間の不調 

ずっと体調が悪かった。思い返せば、かれこれ3週間も前から。
微熱が続き、内科で処方してもらった薬を飲んでも咳が治まりきらない。その間にも、子供たちのインフルエンザ感染があったりで、片手間でしか自分の身体をいたわることができなかった。「…のんびり診療所にかかっている場合ではないのではないか?」と感じたのは、3度目の通院を終えてから。「前回の薬はどうでしたか?効いている感じはありましたか?」と聞かれて、むくむく不安がふくらんだ。

少々風邪を引いても、常備薬を飲んで寝れば2、3日で治っていた。医者にかかっても、処方された薬を飲みきる前に症状が軽減していた。なのに今回は、治る兆しが見えてこない。むしろ、怠さは重くなっている。節々が痛い、背中も痛む、体を起こしているのが苦痛、朝が来るのがうらめしい……
こ・れ・は、おかしい。入院、身辺整理、幼子を残し……、様々な言葉を浮かべながら床に就いたのが木曜日の晩。

金曜日の朝、目が覚めると、体が軽くなっていた。幽体離脱?いや、違う。生きてる、大丈夫、精神は体に張り付いている。
なぜだか、嘘みたいに治っていた。
「おかーさん、聞いて聞いて!今、治ってーーーん!」と実家の母に喜びの電話を入れたら、「それは良かったけれど、普通は徐々に良くなるでしょう?それが急になの?不思議ねえ」と笑われた。「あなた、体調崩すとけっこう長いんだから、気を付けないと」とも。…すぐ治っていた気が自分ではしていたけれど、周囲には長引くイメージがあるみたい。

3週間ぶりに戻った体の軽さがうれしくて、洗濯機を無限に回せそうな気力もありがたくて、久しぶりに体重計を引っ張り出したが、電池切れで動かなくなっていた。


結婚前に買った体重計。電池の交換、したことあったっけ?と、ホコリまみれの裏ブタを外したら、中から出てきたのは有効期限が2005年の電池が4本。うわ~!今までよく頑張ってたな~!
(たまりにたまった使用済み電池、リサイクルに回さなくては)
病んでいた期間が長かった割に体重は減っていなかったけれど、私も体重計を息を吹き返した。

月並みながら、普通に過ごせるありがたさが、身に染みております(T_T)

コメント

■163様■

え?そう!?
頑張り屋のつもり、全然あらへんわ~(汗)
どちらかと言わずとも、なまけもの体質…(^へ^;)

年々治りが悪くなっているのは気のせいではないと思うので
そのへん自覚しとかんとアカンね~…<ジャスフォー

復活おめでとう!
私も、「ギリギリまで「大丈夫~!」と頑張っていてバタッと倒れる…」みたいなイメージがある…何でか。
なんしか、がんばり屋さんイメージです。
頑張り過ぎずにファイトです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。