スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天王寺で再会 


会期が11月23日までの岸田劉生展のペアチケットが当たった。
届いたのは11月に入ってから。 (うっ、また間際に!)
行こう行こうと思いながら、無情に過ぎていく時間……
思い切って、3年も会っていなかった友人にメールをしてみた。
「明日か明後日、一緒に行かへん?」
その日の夕方、「明日なら」の返信が。おお!声はかけてみるものだ!



天王寺駅で待ち合わせ。
阿倍野歩道橋架替工事では、屋根の白い骨組が姿を現していた。
(デジカメを忘れたので、ケータイカメラにて…)



東側半分は古い橋のままだけれど、ここまで来ると進み方が速まったように感じる。



天王寺美術館で約1時間。時間に制約があったため、ゆっくりとはいかなかったけれど、美術オンチの夫と一緒に見るより遥かに満喫できた。



くすっと笑える、ポスターの『麗子いっぱい』。
劉生氏には麗子ばかり描いていたイメージを持っていたし、実際に麗子はいっぱいだったけれど、彼の人生では一部だったと知らされた。
「もっと美人さんも描いたら良かったのに」と友人がぽつり。残念ポイントはそこか。



天王寺界隈は久しぶりだという友人と、話をしながら公園を歩いた。



ランチタイムが終わりかけの中華料理店で、高層階からの眺望に目をやりながら、また話。
私の方は娘同伴だったけれど、久しぶりの再会に水を差すのを控えたのか、普段のわがままぶりを封印し、終始おとなしくしていた。

3時間ほどの短い時間だったけれど、岸田劉生展をきっかけに、メールでも電話でもない生の時間を共有できてよかった。当選に感謝!

コメント

■163様■

こちらこそ、今年もよろしくね~♪

> 口がオートマチック
そうやったね。天王寺の街並み、あんま見てへんかったよね(笑)

麗子メモ、活躍中なんや♪
私もせっかくやから、思い出になんか買っておけば良かったなーと思ったわ。
また会おうね~!オートマチックでもええから(^m^)

ほんま、ありがとう!

明けましておめでとう~!
今年もよろしく!

その節は本当にお世話になりました。
何か、私のウップンを一気に吐き出した感じで、楽しい時間ちゅうより…口がオートマチックに動いて止まりませんでした…

岸田劉生、ほんま良かった。ほんまやで。
麗子メモ使ってますよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。