スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青いリボンの3歳 


3度目のニクの日、娘あぶ3歳に。
ケーキの箱のリボンの色は、娘の好きな青を選んだ。
「ロウソクに青入ってる!よかったね、あぶちゃんの好きな色入ってて」
3本のロウソクは、るーとがケーキに立てた。

息子ほど距離を歩かない娘だったが、往復1時間を越える徒歩での買い物では、抱っこをねだることがなくなった。
「あ、かわいい花咲いてる!」 「この穴、なんだろうね?」
自転車を持たない生活は8年目になるけれど、寒い季節に小さな手をとって歩くのは、やはり楽しい。
最近、町歩きの時によくするのが「ミッケゲーム」。一人が対象物を言い、もう一人がそれを見つけるという歩きながらできる単純なゲームだ。
「ミッケミッケミッケミッケミッケゲーム!……赤い自転車!」
「赤い自転車、赤、赤……あ!見~っけ!」
最初は「葉っぱ」や「階段」など、単純な言葉しか口にしなかった娘が、なめてかかると見つけられない問題を出すようになった。
「えーと、えーと、ええーとぉ!数字のヨーン!」
「数字の4…?えー、どこどこ?」
「あとこ(あそこ)にあるやん。あの上に、4と0って看板あるやーん」
「あ~…、40キロ!制限速度標識か~~~!」

3、4年前の記憶を巻き戻してみる。
「たーたん、バイバイ。行ってくるね」
小さな手を振り、親離れをし始めた頃の息子の姿を思い出す。
そうか、あのへんにいるのか……

3歳のあぶに、抱負を聞いてみた。
「あぶたんね~、おおちくなったら、おかあたんになるね~ん。とれで~、おとうたんになって、とれで~、おじいたんとおばあたんになって、とれで~、とうとう“てりたん”になっちゃうね~ん」
“てりたん”は、従兄弟が飼っている犬の名前だ。(正しくはシェリちゃん)
大きくなった最後は、“とうとう”犬になるんだそう。
まだまだ小さいけれど、本人、大きく化ける気満々だ(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。