スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド牧場 


るーとのソロバンがない唯一の平日水曜日に、実家の母と一緒にワールド牧場へ出掛けた。富田林駅から出ているという無料送迎バスを利用したが、HPにあったような中型バスではなく定員が10名ほどのマイクロバスで、そこへ乗客が16名!「乗って乗って」と詰め込まれたが、こんな無茶乗りしたのは大学以来だ。無事に着いて良かった……
(車で来ていた母とは現地合流。牧場裏手のさくら坂住宅に迷い込み、抜け出るのに四苦八苦したそう)



馬、豚、ヤギと次々対面を果たすあぶ。動物好きだけれど、自分より大きい(重たい)動物に近づくのは怖がる。



フェニックスの葉影が涼しそうに見えるけれど、実際はメチャクチャ暑い。
すぐに水筒のお茶が底を突き、自販機で補充すること計6回!!!
(1人1リットル超えだ~)



釣り堀の水も、干上がってカラカラ…… というのは冗談で。
清掃のため水が抜かれていた。
5年前小さいるーとを連れて来た時に賑わっていたので、すいているならチャレンジしても面白いかも…と思っていたので、ちょっとがっかり。



縦に半分に切られた人参が1本100円で置かれていた無人の餌箱。
財布を開く仕草や餌やりをするかしないかの相談さえも理解していそうな賢い馬たちが、私たちの前に大集合。るーととあぶに1本ずつ買って持たせたら、それぞれの人参は一瞬でもぎ取られてしまった。唖然とする2人に向かって、我も我もと顔を伸ばしてくる人参をもらえなかった馬たち……うわ~っ、全頭にオヤツは無理無理!馬の飼料は入場客頼みではなく、きちんと与えれているはず。でも、「ちょーだい、ちょーだい」と言っているのが分かるだけにツライ。



日が傾き始めると、山を抜ける風で体感温度が下がってきた。
最後に、有料のアスレチック広場で1時間半。
日陰の少ない過酷な外遊びだったが、誰一人倒れなくて良かった。

さて、問題です。
ワールド牧場に入って、真っ先に触れ合った動物はなんでしょう?

ヒント:実物を見たのは初めて。関西圏の動物園では見たことがない。北海道には○○○○牧場があるんだって。調べて知った!

答えは……↓↓↓


トナカイでした。
去年秋に北海道から来た3頭のトナカイ。キラキラした瞳が愛らしい。
「え…っ?トナカイ???嘘でしょう。シカよね?だってトナカイがこんな暑いところに…え?本当にトナカイなの?……かわいそうに」と母。
子供たちは無邪気に「へー!トナカイ!サンタはおらんよね?」なんて言ってたけれど。トナカイたち、早く真冬が来ればいいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。