スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取県の山(2) 

ペンションを出発して大山へ向かう途中、道路わきから現れたのは……


小学生くらいの子供を乗せた馬!それも1頭、2頭、3頭……
よく見ると、『馬注意』の看板がある。この道は大山乗馬センターの場外散歩コースになっているようだ。公道で不意に出会った“軽車両”の馬、面白いな~。

「ねえねえ、馬に乗ってみたい?」るーとに聞いてみたが、即座に首を振って「乗りたくない」。…やっぱりな。
「あぶちゃんはお馬さんに乗りたい?」「乗りたーい!お馬たん、抱っこちたいねん!」とこちらはノリノリ。あぶなら来年あたり、ポニー乗馬にチャレンジできるかも。私自身、乗馬経験はないけれど、高いのも速いのも大好きなので、一度は乗ってみたいと思う。足腰の元気なうちに。



フロントガラスの向こうにうっとり……
大山までは、吸い寄せられるような魅惑コースになっている。



10時、大山桝水高原に到着。測温計が24℃から25℃に変わった。日々を暑苦しい大阪で過ごしているので、避暑地気分たっぷり。



展望台までリフト利用。料金表の隣に、片道券購入者への注意書きがあった。『片道の場合は高原の中のけものみちを歩いて下りていただくことになります。きちんとした道ではございませんので、ご理解いただいた上でご購入ください』…注意というより警告?下から見る限り、ゲレンデの斜面はそれほど獣道ぽく見えなかったけれど、幼児同伴なこともあり往復購入の勧めに従うことに。



リフトは2人ずつ分かれて乗車。「たーたんと乗りたい!」「あぶたんもたーたんとがいい!」「あぶちゃんはおとたんと乗りや!」「え、いややー!!!」オイオイ、こんな乗る直前で大人気を得てもうれしくないわ~。とっとと分かれて乗ろや~(-_-;)

るーとは4年前に乗ったリフトの記憶がなく、実質“初リフト”に私の隣で大はしゃぎ。あぶはひとつ後ろのリフトにずむ君と静かに座っている。
「うわあ!足見て、足!足の下を葉っぱが通り過ぎていく~~~♪」
「かっわいい!あの白い花、かっわいいわ~~~♪」
「20分の10、真ん中まで来た!もっとも~っと乗ってたいわぁ!」
 (↑リフトの柱の番号)



靴やら荷物やらリフト下に落とすんじゃないかと案じたが、展望台に無事到着。



今回の旅行で海方面は行かなかったが、大山から日本海が近い(約10km)のがわかる。うっすらした島型を「島根半島」にしてしまったけれど、あのあたりは隠岐の島かも……
展望台から大山寺まで3㎞とあったが、あぶが歩けないだの抱っこだのグズグズし出したので、途中で引き返した。るーとだけなら、往復6㎞行って来られそうだけれど、山歩きに2歳児はまだまだお荷物だ。



リフトで下山し、ジュース休憩タイム。冷水に浸かったきゅうりとトマト、おいしそうだけれど『トマト200円』は高くない?るーととあぶが手に取ったのは初めて見るリンゴジュースだったが、ご当地商品ではなくJAアオレンの『ふこじちゃん』だった。りんごは青森、梨は鳥取、ですな。



桝水高原の次は、展望台からも見えた赤い屋根が連なる牧場「大山まきば みるくの里」へ。


人気のソフトクリームの行列に並んで買い、放牧場向かいの芝生広場で食べようとしたら、ポタポタポタポタ…溶けるの早い!!!牛乳成分が多いから?売れすぎて冷却不足?作り置きされていたとか?
とにかくこぼさないで食べるのに必死。写真もかろうじて撮った(↑)。
「そこっ!垂れてきてる!」「アカン!傾けたらアカン!」
周囲に同じような必死組がたくさん、足元には甘い汁に群がるアリが点々と。甘い固形牛乳をほおばっているような、生乳たっぷりソフトは美味しかったけれど、なんだか笑えるわ~。

広場ではシャボン玉で遊ぶ家族連れが数組。シャボン液の筒から引き抜く剣タイプは、ここの売店で売られているもので、広い芝生でのしゃぼん遊びはとても楽しそう。客から客ヘの宣伝効果はバッチリで、シャボン玉バカ売れ!芝生広場はシャボン玉会場に変身していた。
しゃぼん液が尽きる頃、スコールに遭って屋内へ逃げ込んだ。あぶが疲労で寝てしまったので、3人で遅めの昼食をとって、鳥取を発つことにした。16時前には高速に入り、途中で2度休憩をし、宝塚ではお馴染みの渋滞にハマり、21時過ぎに帰り着いた。Uターンラッシュで夜中帰宅も覚悟した割には早い帰宅だった。

「鳥取に行ってきてん」 「砂丘どうだった~?」 「えーと砂丘には…」
鳥取=砂丘のイメージ、でも海に出なくても2日間十分楽しめた。砂丘の感動的なスケールは子供に見せてやりたいと思うけれど……それはまたいつの日か。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。