スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月クリスマス 


冬休み最後の日、夏以来のUSJへ。秋のハロウィンパーティーに間に合わなかった、年間パスポートのための五百円玉貯金……ようやく年明け、2度目の年パスを購入することに。
久々~!とゲートをくぐってみたけれど、あまりご無沙汰感がなかった。ひと月に1回以上来ていたからなぁ。
着ぐるみ大好きなあぶは、出迎えてくれたスノーマンにハイタッチで挨拶。相変わらずるーとは着ぐるみとの接触が苦手で、スノーマンと触れあう妹を、3mほど離れた所から眺めていた。「うらやましい」と思ったのか?「とんでもない蛮行、ぶるぶるぶる」と思ったのか?



『欧米の各地には、12月26日からも12日間クリスマスを楽しむ習慣があります。(中略)この習慣を取り入れ、冬休みいっぱいクリスマスを楽しんでもらおうと思います』というのが、1月10日までUSJのクリスマスが続く理由だそう。クリスマス色が一掃されて、早2週間。『欧米の習慣を』と言われても、違和感が~~~…



3時半からの屋外パレード、「ハッピー・スノー・パーティ」。
USJのキャラクターやスノーマンたちが歌って踊り、皆で願いをこめてベルを鳴らすと、空から雪が降ってくるというもの。構成は去年と全く同じか???スノーマンがぞろぞろ出てくるところが、冬イベントらしくて好き。着ぐるみとして、スノーマンが一番自然だとも思うし……(しゃべらなくても表情が変わらなくても、雪だるまだからと納得できる)



強烈な海風を避けることを優先にして座った位置が、子供たちが好きなエルモから遠くてちょっぴり残念だった。
るーとが持って行ったのは、前シーズンの星型のベル。“もう売っていない古いベル”になるかと思ったら、今年のハンドベルと一緒にまだ販売していた。チリも積もれば…な盛り上げアイテム。毎年買い替えていられないので、得した気分に。



パークの10周年イベントのため、今年2月の閉鎖が決まったオズエリア。一足早くウィケッドが、この日に千秋楽を迎え、最終回には大勢の人が入場待ちの列を作っていた。
るーとがミュージカル観覧を嫌がるので、一度も観ることができなかったウィケッド。「前にセサミストリートの4Dを観れたやん。ウィケッドもいけるって!」と背中を押してみたが、最後まで首を縦に振ることはなく……。少しずつ“怖がり”を克服しつつはあるけれど、ポーンと数段跳びに越えて行くことはないようだ。反してあぶは、チャレンジタイプ。兄妹を足して2で割りたいと思う事がたまにある。
年パスを買ったはいいけれど、オズエリアの「マジカル・オズ・ゴーラウンド」と「トト&フレンズ」が消えると、家族で入れるアトラクションが半減してしまう。るーとに1つ2つでもアトラクションを開拓してもらわないと。
“新1年生”の成長に期待しよう。

私だけが、前シーズンに一度も見ていない「天使のくれた奇跡」。
1歳を過ぎたばかりのあぶを連れていたため、寒さ対策で屋内に避難したり、授乳したりと、冬の夜の屋外ショーを観る状態に無かった。
機を逃しすぎて「無理に見んでもいいわ」と思っていたけれど、「1回は見といたら?」と珍しくずむ君に勧められたので、観劇することに。



フィナーレとあって混雑していたが、座って観覧するエリアに家族分の場所を確保できた。団子状態のせいか、座ると寒さが和らぐ。前列で立ち見する方が寒そうだ。
建物とその前の白い箱が物語の舞台。映像投射機で建物全体に冬のパリの街並みが映し出され、ストーリーに合わせて変化する。
点灯の瞬間、「おおっ…!!!」と観客席がざわめきが。



いやもう、想像以上の美しさ!映像技術、スッゴイなーーーーー!
(写真と文章では伝えられなくてスミマセン)



大きな翼の天使たちが現れるシーンでも、「おおっ…!!!」。
2歳2ヵ月のあぶも「きれ~♪」と見つめていた。
役者は正面から光を浴びているので、メチャクチャまぶしいはず。そんな素振りは少しも見せずに、軽やかに歌って踊って……プロやなぁ。



クリスマスはとっくに終わってるけど、そんなんどうでもええやん!と思えたショーだった。最後の最後に見れて良かった。
翌日が幼稚園の新学期なのでナイトパレードはパスして帰宅したけれど、また1年間、じっくり楽しませてもらいます♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。