スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族で万博(前編) 

「早く万博公園のソラードに案内したいのに~。いつ行けるん?」
今年の幼稚園の冬休みは、祝日の10日まで。11月下旬に万博記念公園に出かけてから、毎日のように再訪希望を訴える息子るーと。
休み中の最大のチャンスは……9日(日)。なぜならこの日は、公園内でニューイヤーフェスタが開かれるから。去年新聞記事で見知って、行ってみたいと思っていた「凧あげ大会」もある。凧あげの魅力にハマりつつある私にとっては、押えておきたい1日だ。(自分のための楽しみか!)

というわけで、家族揃って万博公園へレッツゴー!


交通手段は車にした。地下鉄とモノレールを乗り継ぐと、1時間はかかる。車だとその半分。スイスイ走って、太陽の塔の裏側の日本庭園前駐車場に停めた。6つほどある駐車場の中で、一番便が良さそうな公園中心部に決定したわけだけれど、駐車料金は1日単位で、土日祝は1200円(平日800円)。千円超えは高いなー……
お祭り広場を横切っていると、路面に小鳥を発見。鳴き声でハクセキレイかと思ったが、よくよく見るとお腹が黄色い。我が家周辺では見ることがないキセキレイだ!前に来た時は日本庭園の池でカワセミを見つけられたし、公園の環境の良さは話通りのようだ。
(公園周辺は交通量の多い高速道路や国道があるのにね~)

先ず、凧作り教室がある「中央休憩所」を目指した。休憩所はスゴイ人数で、先着200名の凧作りに、どうすれば参加できるのかが分からない。
「ここの列で整理券配ってるみたいやで」「あっちの列でも配ってるんちゃう?」ごったがえす人の中で情報だけが交錯。
フェスタの情報誌では、「10時から参加受付」となっていたが、9時50分には「凧作りの整理券配布は終了しましたー!」との声が上がるではないか。そのくせ、公園内アナウンスでは「間もなく10時より凧作り教室の参加を受け付けます。皆様ふるってご参加を~」などと悠長に流しているし。……明確な案内、検討求む。



凧作りは出来なかったが、持参した凧でコンテスト参加することにした。
「凧あげコンテスト」は、東の広場で10時半から参加受付、11時30分~13時がコンテストとなっている。手作りの部とフリーの部、各先着100名。
もれてはなるものか!と配布の30分前から並んだが、コンテスト参加者は予想外に少なく、受付時間が過ぎても余裕でゼッケンを受け取れるほどだった。
すごかったのは、焼き芋引き換え配布、カップおしるこのふるまい、雑煮ふるまいの列!ふるまい時間の30分前にはそれぞで人数に達するほど。私とあぶ・ずむ君とるーと、2組に分かれて並び、焼き芋1人分と雑煮2人分を何とかいただくことができた。
並んでいる間に、灰色の雲から小雨がポツポツと……雨具を持たずに来たのでヒヤリとしたが、それ以上降ることはなかったので助かった。



るーとの凧は幼稚園で絵を描いた簡易なタイプ。係の人に聞くと、これも手作りに入るというので、手作りの部のピンクのゼッケンをもらった。フリーの部は市販品の凧を指すそう。ゼッケンと一緒にかっぱえびせん1袋をもらったが、焼き芋・雑煮の列に並んでいる間で、るーととあぶに食べつくされてしまった。屋外、それも自然の多い場所にいると、やたらとお腹がすく。体を良い気が回り、代謝を高めてくれているようだ。



そうこうしているうちに、間伐材や剪定枝などを利用した、大とんど焼きの点灯式が始まった。残念ながら、焼き芋・雑煮に並んでいる最中だったため、間近には行けず。(熱気は伝わり、体感温度はややアップ)
並び終えたら駆けつけよう!と思ったのに、予想外の早さで(10分ほど?)炎は小さくなってしまった。大とんどで焼けた焼き芋に期待することにして、凧あげコンテストスタート!



コンテストは、1時間半の間でゼッケンをつけた参加者各自がエリア内で揚げ続け、審査員3人が見て回るというもの。揚げ方や、凧のデザインなどを競う。
市販のデルタ型の凧や、手作り教室で作ったばかりの和紙製の角凧が多い中、20連以上の連凧や、手作りの昆虫型、箱型の凧など面白いタイプも目を引いた。この道何十年と見える、ベテラン年配者の姿も多数。



自力で揚げている中では最年少クラスのるーと。早速近くに審査員が回って来た。何やら会話も交わしている様子。後で「審査員の人、なんて言ってた?」と尋ねると、「何の絵を描いたの?と聞かれたから、キリンて答えてん。そしたら紙に何か書いてたわ」とるーと。
6歳の描いた「キリン」が、どう評価されたのか……気になる。



元旦に揚げた時より安定した風だったので、揚げやすくはあったけれど、何度かの落下を繰り返しているうちに、ボンド付けの骨組みが外れてしまった。修理用具は持参しておらず。
「もう凧あげはいい……お腹すいた……」凧あげ開始から1時間。時刻は12時半。まだコンテストは30分ほど時間を残していたが、ちょうど焼き芋が配布されたこともあって凧は終了することにした。
寒い中で活動したからか、火力の違いからか、焼き芋の美味しいこと!!!芋好きのあぶが大半を食べ、雑煮2杯を3人で分け合った。
ところが、るーとは「まだお腹ぺこぺこ~」と不満げ。もちろん大人も腹2分目。ホテル阪急の出店もあったが、この時間では飲み物以外は全て完売に。公園内にレストランや売店もあるのだが、夕食を早めにすることにして、この場は我慢することにした。

13時半からの凧あげコンテスト入賞者発表を見てから(るーとはハズレ)、場所移動。てっきり「ソラード」を目指すものだと思っていたら、「最初はやったねの木から行きまーす!おとたんはまだ行ってないしね♪」と前回と同じコースでガイドを始めた。
うわあ~……この日の滞在時間も、長くなりそう……

※後日更新の『家族で万博(後編)』に続きます。

コメント

■163様■

寒かったのは小雨の中、整理券配布の列に並んだ時ぐらい。
あとは動いていたし、大丈夫だったよ~(^_^)v

たまにはパア~っと家を離れて…という日、全くないとしんどいだろうね。
163さん家にコピーロボットがあればいいのに…
(私も欲しいけど)

楽しそう。。。

あぁ。
楽しそう~!てか、寒そう~~!
一日中、疲れたなぁってくらい外で遊びたいな。
常に家に早く帰らなきゃ…って考えてるので。
愚痴やん。
すんまそん。。。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。