スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄妹で砂遊び 


11月の祝日、砂遊びセットを持って公園に出かけた。
るーとがあぶぐらいの時(2歳前後)は、公園遊びより町内散策へ
連れて行くことが多くて、砂遊びをしたのは月に2~3回程度。
今はどうかというと……これが、全く!あぶのために砂遊びセットを
持ちだしたのはこの時が初めて。幼稚園のお迎え後、30分ほど園庭が
解放されることもあり、あぶの公園遊びは幼稚園で間に合わせていた。

砂遊びセットを手に大喜びした娘。まだ話らしい話はできないけれど、
「うちにも砂遊びのオモチャがあったんか!全然知らんかった~!」と、
思っただろうな。兄の生活の“ついで”で申し訳ないと思う事もあるし、
反対に、これはこれで良いこともたくさんあると感じる事もある。

↑公園遊びの大先輩が付きっきりに。バケツに砂を入れたものを
ケーキに見立てて、先日のあぶの誕生日を再現したり……
段差を越えられないあぶを抱きかかえて降ろしたり……

産まれた時から“妹”をしている あぶ。兄の真似ばかりしていて、
兄と同等に出来る気になっているけれど、無理だとわかったとたん、
ころっと甘え上手に変身する。私(長女)はこういうのが大の苦手。


4歳から“兄”をしている るーと。目に見えて、走るのが速くなった。
タタタと駆けて行き、また戻ってくる。「ねえねえ、速かった?」
そう言いながら私の手を取る時は、“兄”の顔をしていない。

この時の砂遊びで、スコップを2本忘れてきてしまった。
翌日探しに行ったけれど、見つからず落胆。
「砂場ではしょっちゅうオモチャ失くしてるで!」皆そう言う。
オモチャはそういうものかもしれないけれど、息子から娘へつなげて
いきたかったもの
を、自分の不注意で断ち切ってしまったダメージは
大きい。あーあ、スコップにGPS機能が付いていたら良かったなー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。