スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2歳の誕生日 

10月末、娘あぶの誕生日を迎えた。簡単には、こんな感じで↓


食物アレルギーがあるため、洋菓子はタブーだった娘あぶ。
そんな娘に誕生日ケーキを食べさせてやりたいと思ったずむ君から、
卵・牛乳不使用のケーキを注文しようという提案があった。
るーとは初回の誕生日からずっとケーキを用意されていたのに、
アレルギーが理由でケーキを外されているのは可哀そうだと……
あぶ本人がケーキを食べたがっているわけでもないので、ケーキ無しの
誕生日でも問題ないと思ったが、モノは試しでアレルギー対応ケーキを
全国展開の洋菓子店で頼むことにした。

ケーキと一緒の記念写真や、ロウソクの吹き消しはこなしたものの、
いざケーキを食べる段になると「イヤ!」の連続に……
イチゴについたクリームを舐めただけで「いーや!」。
元々果物を食べない子なので、イチゴだけでも「いーや!」。
スポンジも「いーや!」。娘のためのケーキは、あっけなく撃沈。

「あぶちゃ~ん…ケーキ食べないなら、せんべいにしとく?」
「てんべー!?やったー!てんべー、いーる、いーる!」
歯は少ないけれど、前歯を使って煎餅を割るのは上手い。
普段の食事もそうだけれど、あぶの好みは“和”に偏っている。
悪い偏りではないから、良いのだけれど。

あぶが放棄したアレルギー対応ケーキは、卵・牛乳以外に小麦も
外されていて、スポンジは米粉でできている。(あぶは小麦OK)
このケーキを3人で切り分けてみたが……
私は即ギブアップ。舌に残るしつこい甘さと、ねっとりした生地が
ダメだ~~~。工場での大量生産ケーキだから?パティシエが腕を
奮ったケーキなら違うのかも?最初は「おいしい!食べれる!」と
言っていたるーとも、途中から「もういらん…」と意気消沈。
ずむ君も「食べられないことはないけれど甘すぎやな。来年は煎餅を
重ねてケーキの代わりにしようか」と、リピート購入はしない判定を。

……来年。今から1年後。はてさて、どうなっていることだろう。
ケーキはあってもなくても(私は)構わないので、2歳の年を健やかに
過ごしてくれますように。ささやかで大きな願いを、ここにひとつ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。