スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山に寄り道 


日曜日の朝、実家の母から次々と写メが届いた。
富士山五合目の紅葉に始まり、富士山遠景を方角を変えて数枚、そして
最後は白糸の滝。土曜日に故郷の神奈川へ向けて、車で出発したとは
聞いていた。

「大阪と神奈川の間は、もう数えきれないぐらい往復しているから、
慣れた道なのよ。でね、何度も行き来しているのに、高速で通過して
パーキングで休憩するだけなんて勿体ない気がするじゃない?だから
帰りにちょこっと寄り道をしてみようかと思って」
母は神奈川・東京へ行って用事を済ませ、その夜はサービスエリアで
仮眠を取り、朝の早いうちに高速を降りて、富士山(五合目まで)を
目指したんだとか。そして、帰阪したのは日にちが変わる夜中。
この行程を、60代半ばの母が独りでこなした。「ちょこっと寄り道」
した先が富士山とは、でかい話だ。母らしいとは思うけれど。

なんでも、同世代の訃報を耳にするようになって、「動ける今のうちに」
と考えるようになったらしい。フットワークの軽さは車があってこそ
だが、「期限を決めて免許を返納する」と冷静に自己分析する一面も
持っているので、「年だからやめて」の類は口にしないようにしている。



富士山麓の農場に立ち寄り、朝市で買った野菜をお土産に持ってきて
くれた。右は、大きなシイタケ。比較対象のケータイが包みこまれそう。
シイタケ好きのるーともビックリ。「おばあちゃん、これ毒キノコ?」
毒なわけないでしょー!と笑いあったが、世間では季節柄か、毒キノコ
ニュース(間違えて採取したという話)が続いているのも事実。
るーとのいないところで、軽く母に再確認。
「朝市のやんね?お母さんが山で採って来たキノコとちゃうよね?」
「ちゃんと買ったわよ!シイタケって書いてあったわよ。大きいだけで
シイタケの形してるでしょ?してない?イヤだわ、皆で毒キノコ毒キノコ
と言うから不安になってくるじゃない。るーとくん達に食べさせる前に、
ゆんちゃんがちょこっと食べて様子を見てよ。それがいいわ、そうして」
……サラッと毒見役を託され、ちょっと複雑。



野菜と一緒にもらったのが、「焼きいも鍋」。母が知人から譲り受けた
ものの、温度センサーがついているバーナーでは利用できない品だった
ため(実家のコンロは全てセンサー付き)、私のところへ回って来た。
魚焼きグリルでは高さのある芋が入らないので、何とかして直火調理
ができたらいいなと思っていた。オーブンでの調理は楽だけれど、
小一時間占拠されている間、レンジ機能が使えずに困る時もある。

早速、もらった野菜の中にあった、サツマイモとトウモロコシを鍋調理。
シイタケはフライパンで焼いた。肉厚なだけあって、ジューシーで旨い!
身体の変調もない!(毒見してるやん…)
るーとはシイタケ1枚をペロリと完食。「なんで毒ないんやろうねぇ?
ありそうやのにねぇ?」 最後まで首を傾げながらだったが。

あ~、秋のシアワセってこういうことやわ!と思えた夕食。
感謝すべきは母。母の日ちゃうけど、おかーさんありがとー。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。