スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキでなく肉 


「宅急便でーす。冷蔵ですので」
クロネコのお兄さんが届けてくれた箱。「おお、これか!」

朝一、実家の母からメールが届いていた。
『ずむさんのお誕生日、おめでとうございます』 …ドッキーッ!
昨夜までは覚えていたのに、今朝顔を合わせた時はスコーンと頭から
抜け落ちていた、夫の誕生日。「おめでとう」を言い忘れていた。

『今日の指定でお肉が届くと思います』 …ドッキーッ!
プレゼントどころか、ケーキまでも「月末のあぶと合同誕生日でいっか」と
思っていた。母の心遣いは嬉しかったが、とても後ろめたい妻心……

偶然かどうか、母の生まれ故郷、秋田から直送された品だった。
帰宅したずむ君、「えっ?お義母さんがワタシにお肉を?なぜ?誕生日
だから?えっ?えっ?」慣れない贈り物に、戸惑う戸惑う(笑)

それではババーン!と開封。ありがたく、お肉をいただいちゃいます!


うわ~♪いっぱい♪ ……頭の中の「肉=牛」を、そそくさと「豚」に修正。
何もないところにお肉が来たので、華やかな夜に。
カツ丼、串カツ、お好み焼きと、日替わりで美味しくいただきました♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。