スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業の日 


すっかり見慣れた、窓からの景色。
交通量の多い、すぐ下の道路は国道25号線。
屋根越しに見えるオレンジ色の車体は、JR大阪環状線。
その向こうの鉄柵は、動物園内の「鳥の楽園」の巨大ゲージ。
ひょっこり突き出た塔は、ナニワのシンボル通天閣。

どこからの眺めか、おわかりでしょうか。



足掛け3年、るーとを連れて通ったこの病院。
予約制だけれど、日によっては1時間待つこともある小児科。
入院の際もお世話になった)
中待合室では壁面のマグネットで遊べる。るーとのお気に入り(↑)。

診察時……3歳のるーとは泣きわめいて暴れた。4歳のるーとは
こわばった表情を崩さなかった。5歳のるーとは、協力的になった。
同じ病院、同じ先生、同じ検査と診察。3年間で、目に見えて成長した。

「今日で終わりにしましょう」
この日、通院終了の言葉を、主治医の先生の口から聞くことが出来た。
定期通院と言っても、目に見えた症状や日常生活で注意することのない
経過観察が目的だっため、付き添いとしては気が楽な方だった。

それでも、専門的な疾患を扱う病院なので、様々な小児患者見かけた。
一見元気に見えても体に医療機器を装着している子、移動ベッドに
寝かされたまま運ばれる子、生まれて間もなそうな赤ちゃん、小児科を
卒業するぐらいの年齢で、付き添いなく独りで受診している子。
長い待ち時間に、考えさせられることも多かった。

……通院の日々を忘れません。ありがとうございました。

コメント

■163様■

そちらの病院も、何と言うか歴史を感じさせられる規模だったね~。
1度きりしか行ってないけど、懐かしいわ。

日常の“今日もあるから明日もあるに決まってる!”みたいな
おごった部分を、節目節目に思い直さないといけないよね。
今夜は、おやすみなさいにプラスして、感謝を言葉にして
みようと思います。皆、寝てるから、ブツブツ独り言で(^^ゞ

病院、こちらは奈良医大付属に一昨日行ったのですが、ほんとに健康って当たり前のようで、本当はそうじゃないかもしれないって考えさせられますね。
子供達が健康で居られてありがとう。って心から思ったりします。
るーとくん、何事も無くてほんとに良かったですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。