スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平日の動物園 


るーとは公立幼稚園児。カレンダーにもよるけれど、今年は始業式の
翌週から早々に午後保育(要弁当)が始まった。周囲の私立幼稚園は
軒並み1週間は午前保育が続いているのに。まあ、いいんだけどネ。

で、うちが午前保育(毎週水曜)のこの日、普段は午前保育のない
私立幼稚園の友達と一緒に、天王寺動物園に出かけてみることにした。
動物園滞在時間は、閉園までの14~17時。
時々小雨がぱらつく、あやしげな空模様が続いたおかげか、園内は
ガラガラ!まるで閉園後のよう。ここまですいている動物園は、
人生初だと思う。5歳児2人+1歳児2人が、それぞれ気ままに
行動しても、見失いようがない。ああ~、精神的にもラクだ~♪
……というわけで、ラクダの元へ。(スミマセン)




先月より、しっかりした体格になっていたフタコブラクダの赤ちゃん。
3月8日産まれだから、誕生から1ヵ月ちょっと。脱・新生児だ。
誕生時にはなく、徐々に栄養を蓄えて大きくなるというコブは、
ぽっこりとふたつ盛り上がっていて、“ラクダの子供”になっていた。

半分以上、緑になっている桜の下の親子ラクダ……
母も子も、動作はまったり。セコセコしてなくて良いな~、ラクダは。




しっとり湿った桜の絨毯の上を、自在に歩きまわる娘あぶ。
人が多かろうと少なかろうと、振り向きもせずズンズン行ってしまう。
「迷子になるタイプ、間違いなしやな」
「それでもって、迷子になってもケロリと保護されてるタイプやな」
夫としている娘の近未来予想は、るーとと“真逆”で一致。




周囲を気にする必要もなく、カバ水槽のガラスに張り付いていられた。
いつもお尻ばかりしか見せてくれないのに、この日はバッチリ顔も!
平日サービス?



密かに注目し続けている、サバンナエリアのアフリカハゲコウも、
石の上でリラックスしながら大あくび。(相方は少し離れた所に)
見られ慣れていると思っていた動物たちだけれど、人間と同じで
“オフの日の顔”というのがあるのかもしれない。
幼稚園後でちょっと無理はしたけれど、いい日に来れたと思う。

コメント

■jungho様■

ぼてんじん…だいぶ前の記事ですね(^_^) 懐かしいです。
我が家のいぬてん2匹は元気に(?)しているのですが、
ぼてんじんは去年行方不明になりました。

褒めすぎなコメント、お恥ずかしい限りですが、
「得」とはなんのことでしょう?Twitter用語でしょうか。

丁寧ですね

ぼてじんの検索で拝見させていただきました。
とても丁寧で絵も写真も上手ですね。
家庭の温かさも感じられいいものを見させていただきました。又お伺いさせてください。
得はどなたが書かれているのでしょう。プロ級ですね。


Twitterアカウント @KIMJUNGHO

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。