スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒されどころ 

日々の疲れを落とすために……


ハクチョウに癒されに、北海道へ出かけて来ました!




見えすいた嘘を、スミマセン。長居植物園でした~。
大池のコブハクチョウを「でかいアヒル」とか、まさかの「カモ」呼ばわり
していた、大阪のオバチャン群がいた。ごめんな~、コブハクチョウ!
はるばる北海道から来てくれたのにね。

長居植物園は1年以上ぶりになるのに、不思議とご無沙汰感はゼロ!
“ウチの庭”と豪語できるほどには精通していないが、園内マップを
見ずとも、この道はどこに通じるか、メジャーどころの草木はどこに
あるかなど、かなりわかるようになった。
年を取って、そこそこ体と時間の自由が利いて、大阪市民のままで
いたら、毎日のように植物園に来て、隠れボスになってやろうっと。
(65歳以上の大阪市内在住者は入場無料)




植えて間もないっぽい、冬仕様の花壇。この日は半袖でも過ごせる
陽気だったが、11月の植物園は、あちこちに晩秋の香りが……

しかし、セレッソ大阪がJ1昇格を決めたこの日、隣接するスタジアムの
熱気が、植物園内にも届く届く!まあ、サッカーでもなんでも、元気は
ないよりある方が、断然よろしい♪




先月末に1歳になったばかりの娘あぶ。涼しくなって、眠り姫度は
さらにアップ。初植物園だというのに、ベビーカーで眠り続けること
3時間。気持ちがいいのはわかるけど、上も下も真ん中も、秋の
公園には面白いものがいっぱいあふれているのに、もったいない!




咲き終わりが近くなっているバラ園だが、賑わいは御覧の通り。
老若男女の内訳は、老いっぱい・若少なめ・男女半々。
カメラ持参率はざっと9割。
『ジーーーーーーー……』 老夫婦の方から懐かしい音が聞こえてきた。
「あっ、お父さん、今のでカメラ終わってしまったわ」
「ほんまか。まあ、ようけ撮ったし、ええやろ」
そうだった、そうだった。フィルムカメラは最後自動で巻き取るんだった。
どっぷりデジカメ浸りしていたので、巻き取りを終えたカメラをカバンに
しまう姿が新鮮だった。“バッテリ充電したまま入れ忘れていて、現地で
撮れない!”ことはあっても、“メモリーがいっぱいで撮れない!”ことは
無い私。えばれるような、えばれないような。




心地よい疲労感。来てよかった。疲れは、疲れでとるべし。(?)




甘いものでも疲れはとれる。
植物園の帰り道、駅前ミスドで遅めのオヤツ休憩をした。

身の回りで、様々なカウントダウンが始まっている中、いい時間を
過ごせたと思う。幼い子供たちの記憶に残らなくても、今日の日が
心や体の栄養分となってくれますように。
(意味深な文章になりましたが、誰それの余命が…などという話では
ありませんので!大雑把に言えば、出会いと別れの季節なのです)

来週14・15日は『関西文化の日』で、関西圏の指定文化施設が
入場無料になるそうです。長居植物園の入場(通常200円)も無料に。
週末にかけて天気があやしそうですが、秋の長居植物園散策は
おすすめです。特に、長居公園は知っているけれど植物園には入った
ことのないという方、ぜひこのチャンスに一度!!!(←回し者?笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。