スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルの草 


夏に、実家の母にもらったオジギソウ。
葉に触れると、一瞬で閉じる。うす暗くなっても、閉じる。
直射日光に当たる場所で、水やりを少なめに、放置気味で育てて
いたが、不思議と元気いっぱいで。調べてみると、ブラジル原産の
ため、暑さには強く、寒さに弱いらしい。多年草だが、日本の冬は
越せないので、来年も育てたい場合は、7~9月に咲く花から種を
採って、来春に蒔くそう。今は10月下旬。花は……咲かず。

日本では“晩年”を迎えたオジギソウ。
時々道で会う、ブラジル出身のおじいさんに、オジギソウのことを
聞いてみよう。「オジギソウ」で通じるかな?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。