スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイーツ&登山 


「母の日」を口実に、スイーツを食べに出かけた。
「趣を変えて、ファミレスでスイーツはどう?」
「ファミレスか~、ご無沙汰なところ、狙ってみる?」
「ご無沙汰と言うと……ロイホは長らく行ってへんね」
「じゃ、ちょっとローケーションの変わったロイホとか?」




まるで建物の屋根がドーム型のように見えるが、背景がドームと
ガスタンクというだけで、外も中も普通は普通。
独身時代はコーヒーおかわり自由につられて時々出入りしていたが、
結婚後は遠のいていたロイホ。今回はデザートのみだったが、当時より
食事メニューなど、全体的に価格が下がっていた。
「いつ変わったのかは知らへんけど、コーヒーのおかわりに回ってきて
くれていたロイホも、ドリンクバー導入してたんか。時代の流れやな」
ドリンクバーはともかく、店内に焼き肉食べ放題ブースがあったのには
驚いた。要るか~?ロイホで焼き肉食べ放題……




2006年に「京セラドーム大阪」に名称変更した大阪ドーム。
交差点名は「大阪ドーム前」、地図内の表記も「大阪ドーム」のまま。
試合がある時は賑わっているとは思うが、この時は人の気配がなく。
オープン直後に出かけた時は、試合のない平日も大賑わいだったっけ。
今や、静かすぎるほど静かな日曜日のドーム……

ドームのある西区と隣り合う大正区に「千島ガーデンモール」という
ショッピングモールがあり、その近くに「千島公園」というやや大きめの
公園があることを、ネットで調べて知った。
モールの開業は2001年だというのに、その存在を全く知らずにきた。
ネット情報も案内看板もほとんどない隠れ家的モール。広い敷地に
食品スーパー・コーナン・ユニクロ・ブックオフ・マクドナルド・西松屋……
等が立ち並び(全て平屋)、地元密着型として存在しているようだった。
モールで買い物をした後、駐車したまま千島公園へ足を伸ばしてみた。
総戸数が1000近くありそうな、昔ながらの市営住宅のボリュームに
圧倒されながら、隣接する公園に到着。




ジョギングや犬の散歩で公園を訪れている人の年齢層は高め。
南国チックな木立の間にポツンとテントが張られていたり、うっそうと茂る
葉のおかげで、ジョギングコースが異様に薄暗かったり、他にはない
不思議ムードが漂っていた。公園内にあるという、標高33メートルの
「昭和山」を目指してみたが、クネクネルートに惑わされ、なかなか
辿り着かず。「おっかしいなー、遭難するほど広くはないのに……」




「あ、この上ちゃう!?」 長さのある階段ルートを発見。
山っぽい花が咲いていると思ったら、意図的に植えられた花々だった。
「ほ~……ほけきょ!」 ホケキョって、幻聴でもなく、テープでもなく?
わー!看板通りにホントにおるんや、ウグイス!市内で!




5分足らずで、あっさり登頂成功。
階段のないスロープのみのルートもあると、下りる時に知った。
(ずむ君がベビーカーをかついで登ったのに)
飼い犬の散歩コースにしている人が多くいて、10匹近い犬が集まり
賑わっていた。特に何があるわけでもない山頂だが、33メートルは
市内にしてはあなどれない高さで、予想以上に遠くまで見渡せた。
日本一の低くさで有名なのは、標高4.53メートルの天保山(大阪市
港区)だが、昭和に作られたというだけで、でっかく名づけられた
昭和山も、もっと知名度があがってもいいと思う。
ちなみに昭和山は鶴見緑地の鶴見新山に次いで、大阪市内では
2番目に高い人工山だそう。(by.Wikipedia

はー…、まだまだ知らへん場所、たっくさんあんな~、大阪。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。