スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し前に 


隣県に住む大学時代の友人が、東京に引っ越すことになった。
知らされたのは引っ越しの2週間前。それはもう、驚いたの何のって。
ほどよく近い距離のままでいられると、思い込んでいたから……

全員ではなかったが、引っ越しの3日前に、友人たちと子連れで
集まることが出来た。
「なんかこう、それぞれの面影のある子供たちが、一緒になって遊んで
いるのを見るのっていいよね」と友人のひとりが言った。
親戚のように、時にはそれ以上に、身近に感じていた友人の子供たち。
「また背が伸びたな」 「やっぱり目元は友人似だな」
夏に出かけた動物園のこと、覚えてくれてるんだ」
突然の別れに戸惑いながらも、久しぶりに会えたことが嬉しかった。

小学校2年生の時、幼稚園からの仲の良かった友達が引っ越すと
聞かされ、私はその友達の元へ飛んで行って言った。
「引っ越しやめてっておばちゃんに言ってあげる!みんなで言ったら
大丈夫やから!」ところが、喜んでくれると思った友達は、複雑そうな
顔をしただけで何も答えなかった。転居は、他人が(しかも子供が)
口を挟める問題ではないということを、その時初めて悟った。

言うまいと思っていたのに、友人の顔を見たら「さびしい」と口をついて
しまった。大阪と東京、遠いけれど会えない距離ではない。
友達関係も続けられる。別れの言葉は、前途を祝って「がんばってね」
と「ではまたね」と、それだけにしようと思ったのに。「引っ越しやめて」
は言わなかったが、小2の私を引っ込めきれなかったことに悔いが……

あぶの記憶には、この日、たくさんのお兄ちゃん、お姉ちゃんに抱っこ
されたことは残らないし、るーともどこまで覚えていられるか怪しい。
でも、皆に出会えたことも、思い出も、全部私の財産だと思う。
ありがとう。

コメント

■izu様■

こちらこそ!多忙な中、会えてうれしかったよ~!
家族がいての引っ越し、落ち着くまでかかるよね、日数は…
一通りできたら、完成まではゆっくり進んでくださいな。
張っていた気がゆるんだ分、疲労が体に出ないようにね。
本当、おつかれさまでした。

子供はたくましいというか、たのもしいね~。
新しいお友達と楽しそうに過ごしているお子さんたちの姿が
目に浮かぶわ。よかった、よかった♪
izuさん、関東寄りなアクセントだから、絶対大丈夫と思った
のに、
向こうでは関西くくりにされてしまうの?
いっそ、東海、関西、関東ごちゃまぜで、どこでも通用する
言語を生み出してみては?(笑)どこにも通じないと困るけど。
またWEBでの関東便りを楽しみにしています(^_^)

やっと…

ゆんさん、こんにちは。
先日は、最後にお会いできてよかったです。
時間を作ってくれて、ほんとにありがとう。

やっっっと。部屋片付きました。
照明がついて、全部の窓にカーテンつけて、ダンボールも処分して。
買う物もあるし、座卓と長椅子の製作途中で、まだ我が家の完成形ではないですが、やっと落ち着いてきた感じです。

子供達は、早くもお友達も出来て新しい環境になじんでます。
なのに私は未だ、エセ関西弁が抜けきりません。(^_^;)
今までさんざん、わざとらしい関西弁(使うな!)と言われてきたのに。ナゼ?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。