スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月の動物園 


12日(木)の話。日向は暖かく日影は肌寒いこの日、私・妹・るーと・
あぶの4人で天王寺動物園へ出かけた。1ヵ月前にも行ったばかり
なので、前回見られなかった動物優先で回ることにした。
春休み前の平日、就園児・就学児はいないだろうと思ったら、遠足に
来ている保育園児の姿があっちにもこっちにも!
保育園は年度末や長期休みは関係なく稼働しているんだな~。




ベンチで昼食を食べていたら、すぐ隣のコアラ館に動きがあった。
屋内から屋外の展示場へ出てきた1頭のコアラ。
でもまたすぐ、Y字型の枝に移されて……




何かと思えば、飼育員さんによるサービスだった。
ガラスの壁の上から、ひょっこり覗いているコアラに、見ている人は
一斉にカメラを向けていた。コロンとしたコアラの体型が、頭身といい、
縦抱きしている時の娘あぶ(4ヵ月)にそ~っくり(笑)




餌を持ったるーとと見つめ、ピシッと整列したニホンジカ。
シカを見ていると、奈良公園に出かけたくなるのは私だけ?
ゾウ飛び出し注意(?)の看板が立つ、『アジアの熱帯雨林』を歩き、
通天閣とツーショットのアジアゾウ(春子さん)を遠目に眺めて、前回
時間切れで回れなかった『鳥の楽園』へ移動した。
動物園を特集した記事に“ベビーラッシュを迎える鳥たちに注目”と
あったので、ラブラブ度に期待がかかる。




頭上をグルグル飛び回るシュバシコウ、木の枝をくわえて巣に持ち
帰る姿も。すぐ目の前の枝では、コサギペアの交尾が始まった。
双眼鏡があれば、来月あたりヒナの姿を拝めるかも!




足も長いが、同じぐらいに首も長いフラミンゴ。
ああして汲み上げるようにして水を飲むのね~。




今まで入ったことがあったかどうか…『アイファー(爬虫類館)』。
いつも出口付近はウロウロしていたのだけれど、館内の記憶はない。
天王寺動物園にワニはいないと思いこんでいたが、しっかりいるでは
ないか、3頭のワニが!カメを見ていると、和む和む、爬虫類ええわ~。

インドホシガメの注意書きには、『ワシントン条約で国際取引が制限
されている動物です。しかし、甲羅の模様が美しいため人気があり、
日本への密輸が多く行われています。ここに展示している個体も
密輸で摘発されたものです』とあった。摘発されても、もといた国に
帰ることはできないのだろうか。転売目的の密輸自体も悪いけれど、
この模様を見て、手元に置こうとする人も悪いよなぁ。

館内は高温高湿度なので、薄着で入りさえすれば、のんびり楽しく
過ごせると思う。(爬虫類好きなら) あ~、なぜ今まで『アイファー』
の存在を見逃していたんだろう。悔やまれる……

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。