スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パックリを新調 

昨夏、パックリ割れた風呂のフタ。
ぴったりサイズが見つからないまま月日が経ち、2つだったフタが
とうとう4つになった。しかも5つ、6つが秒読みという、崖っぷち状態。
我が家の風呂サイズだと、特注にしないとサイズが無いようで、しかも
その特注代金が高い。商品にもよるが、ひとつ大きいサイズよりも、
5~8千円も高くなり、これが、ど~~~~しても納得できない。
大きして高なるならまだしも、小さすんのに金払うんやて!しかも、
元の本体価格より高い特注代やで?アホらしすぎるっちゅーねん!




そこで、ひとつ大きいサイズを買い、大きい分(10cm)だけ端を折り
曲げて使ってみることに。バラバラのフタより、使い勝手はいいだろうと
思ったのだが……




山折りと谷折りでコンパクトになるタイプのフタ、両端の折り目は
谷折りができないのだ!!!反対に、山折りにして内側に折り返すと、
隙間ができて使えない。く~~~、浅知恵が泣ける~~~……

そこで最終手段、切・断!(アカンかったら切ったろーと思って
たから、最終手段と言うほどのことでもないねんけどね^_^;)
カッターナイフでギコギコシュッシュ!10cm小さくして、浴槽サイズに。
切り口もスベスベにならし、普段使いではわからないほどに。
「お!ゆんさん、いけてますや~ん♪」と、満足顔のずむ君。
特注代5千円、いただけます???

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。