スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と天王寺 

用事があったので、息子るーとと2人で天王寺へ。
当初はあぶも連れて3人で…の予定だったが、ずむ君が仕事を
早めに切り上げ、「あぶちゃんは見てるから、たまにはるーとくんと
2人で行っておいでよ」と送り出してくれた。
久しぶりに2人で電車、久しぶりに2人で街中歩き。
あぶが産まれるまでは、当り前のようにるーとと2人で行動していた。
たった3ヵ月で、なんという懐かしさ!




天王寺自体は時々車や電車で通過するので、久しぶりというほど
ではない。阪和線の遅滞(和泉府中で遮断機が折られたって!)を
知らせる構内モニタやアナウンスとか、近鉄前交差点付近という
イジワル(?)なところに立って取締りをしている警察官とか、何も
かもが新鮮に思え、「わ~♪阪和線遅れてるって♪」「わ~♪あの
クルマ捕まってる~♪」と浮足立ってしまった。(なんちゅう不謹慎…)




歩道橋からの南方面。
小雨がパラつく中、路面電車の行き来を眺めた。
「たーたん、路面電車の前のとこ、漢字で何て書いてある?」
「住吉公園、て書いてあるわ」
「住吉公園?るーとくん行ったとこやん!おとたんとたーたんと
ずっと前に3人で、路面電車に乗って行ったとこやね」
「そうやったね。今度はあぶちゃんも一緒に4人で行こうか」
「あぶちゃん、路面電車見て、道路走っててビックリするんちゃう?」
2人きりでいても、『おとたん』と『あぶちゃん』の名は頻繁に出てくる。




あべの筋の西側。“第二のミナミ”の中心部とは思えないほど、
だだっ広い更地が広がっている。
交差点近くにあった“三和銀行”へは、学生時代、ちょこちょこ寄った
ことがあったっけ。それ以外は、何があったか覚えていない。
天王寺の一等地、ノッポなビルが建つんだろうな。




ちび鯛焼きを土産に買って帰ることにした。
「これはね、鯛焼きとちがうの。金魚なの。金魚の鯛焼きなの」
と、るーと。それは、金魚焼きってことかしら?手のひらの2個のせると
ちょうどいい大きさ。それなら『手乗りペア金魚焼き』でどう?

息子と2人で天王寺、デートと呼ぶほどの甘さはなかったけれど、
ほっこり楽しい時間でございました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。