スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙味スイーツ 


るーとの幼稚園の送り迎えを、妹(るーとの叔母)に頼んだ。
帰ってくるころを見計らって、ベランダから覗いていたら、体重15㎏に
なろうとしているるーとが、妹に抱っこされて歩いてきた。
るーとの機嫌をとっているのか、抱いたままクルクル回ったりと、
見るからにハードそう。(ええなぁ、20代はパワフルで……)

るーとがベッタリ甘えん坊だった理由は、この日の幼稚園で“淋しくて
泣いてしまった出来事”があったから。(詳しくは省きますが)
淋しさのあまり、迎えに行った妹に飛びついて、そこから家に帰りつく
まで(↑画像のように)離れなくなったんだそうな。
「今日は淋しい思いをさせてしまってゴメンなぁ」
帰って来たるーとを抱きしめようとしたが、私の腕の中には入ろうと
しない。何もなかったかのような平気な顔をしている。
泣いたという出来事に触れても、「なにそれ?」とちっとも乗ってこない。
「たーたん!今日ね~、帰る時、教室から出たの一番だったの~♪」
そんなるーとの口から出てくるのは、幼稚園での楽しかった話ばかり。

そうか。妹にべったり甘えたことで、るーとの中で消化できたんだ……
るーとが話さないなら、それ以上は聞かないよ。
その代わり、抱っこが欲しければ、いつでも両手を空けるよ。

るーとの性格的に、どうも幼稚園での辛いこと、嫌なことを我慢して
ためこんでしまう傾向にあった。それが気がかりだったが、この日の
るーとを見ていたら、彼なりの消化術を身に付け、さらに消化後は
引きずらないようにしているようだった。幼児に限らず、それは、
ストレス社会を(できるだけ楽に)生き抜く術でもあるわけで。
4月からの週に数回の幼稚園生活で、先生が教えてくれること以外
にも、いろいろと学んでいるようだ。最近のるーとが、ずい分大きく
なったように見えるのは、内面の変化があってのことだったのかも。

今日のオヤツの時間には、妹が作って来てくれたスイートポテトを
温め直した。「お姉ちゃんが授乳してるから、かなり甘さ控えたで。
砂糖はホンマちょろっとしか入れてへんもん。甘さ足らんかもなぁ」
サツマイモがそのまま形を変えただけのような、素朴な風味。
でも、サツマイモの持つ甘さと妹の気持ちだけで、十分美味しかった。
……少々涙味の交じった、ほんのり甘い初冬の一日。

コメント

■ユウママ様■

ユウママさん、こんにちは。
木枯らし一号が吹いたりと、冬の到来を感じるようになりましたね(^_^)

日記と言っても、私の場合はブログで公開前提なので、
書き記したいことの半分ほどしか残せていない感じです。
(かといって、これ以上書くのは無理~・笑)
私もユウママさんのように、成長した息子や娘を前にして
いろいろと思うのでしょうね~。遠い未来のように思っていますが、
過ぎてしまえばあっという間なんでしょうね、子育て期間は。

介護を受けること…ハイハイハイ!幼子のオムツを替えながら、
私もチラリと考えることがあります。
できるだけ元気で、そしてポックリと幕を閉じたいたいものです。
老後に膨大な量のブログ(どんだけ続けるねん!笑)を読み返すのが、
ささやかな楽しみではありますが(^▽^;)

こんばんは
暖かいご家族に囲まれて育児に奮闘されている様子。
素晴らしいです!
るーと君 とってもたくましく優しい 男の子に成長されてますね♪

私も子育てのとき 日記でもつけていればよかった。
そうすれば 自分を省みることが できたのに。。。
時間と用事に追われ ついつい余裕がなく過ごしてしまったことが 悔やまれます。
2歳しか離れていない 長男をついついかまうことが少なかったと今にして思えば 後悔しきりです。
成人した息子を いまさら抱きしめられやしない^^;
そのうち こちらが抱かれて介護をうけるかな^0^

るーと君とあぶちゃん 大きく!元気に!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。