スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入園願書提出 


息子るーとの幼稚園入園願書を提出した。産後の幼稚園送迎は
実家の母と妹にお願いしているので、提出してもらったのは母。
帰宅するなり「園長先生に渡したわ。抽選になるかもしれなくて、
その場合、○日に連絡が来て、抽選日は○日になるんですって」と
サラリと話した母。ちゅ、ちゅ、ちゅ、ちゅうせんっ!?
予想だにしない母のセリフに、私の頭は真っ白に……

というのも、るーとが行こうと思っているのは、公立幼稚園の2年保育。
(現在通っている未就園児クラスのある幼稚園の年中組へ)
よく「公立、入れるの?(=競争率高くない?)」と聞かれることがあるが
ぜーんぜん!年中・年長組も定員の半分ちょっとしか園児がおらず、
一年中「途中入園歓迎」状態なのだ。それが今期に限って抽選!?
一体、どれぐらい願書提出者がいるのだろう???

「願書出したの何番目か聞かなかった?」
「それなら受付番号がもらった用紙に書いてあったわ。えーと……」

ドキドキしながら用紙のナンバーを見た。…………よ・ゆ・う!
定員の半数を少し超えたぐらいだった。
(園長先生ってば、人気園ぶっちゃってもう~ ^▽^;)
締切までの数日で、数十人が駆け込み受け付けすることは先ず無い。
他の幼稚園を候補になんて考えていなかったので、驚いたのなんの。
ハ~、よかった。希望通り、すんなり入れそう。

しかし、なぜここまで公立幼稚園の人気がないのか?
1)2年保育⇒⇒⇒幼稚園=3年保育が主流。
2)毎日弁当⇒⇒⇒私立なら給食の日がある。
3)通園バス無し⇒⇒⇒遠近に関係なく、バス通園は人気。
4)公立の割に保育料が安くない⇒⇒⇒月1万5千円弱(大阪市立)

それならプラス1~2万円払って3年保育の私立幼稚園に行くわ~♪
となるわけで。公立不人気・私立人気の理由、ここに有り。

私もるーとも、通う幼稚園はここしか考えられない。
それほど気に入ってしまっている。
先日、母と降園する際に、シャイボーイのるーとが「先生に挨拶して
くる」と、先生の手を握りに行き、「さよならっ!」と大声で言ったそう
なのだ。“自分から先生の手を握る”この行動は今までなかった。
手を握った先生というのが、3人いる中でるーとが唯一「好き」だと
言う先生。やっぱりなと、「○○先生が好きやもんね~?」と聞くと、
「うん。○○先生はカワイイからな♪」とニンマリ笑って答えた、
外面はシャイボーイで内面はプレイボーイな息子るーと……
来春に着る制服姿が楽しみだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。