スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防車と眠り姫 


ゥウウウウゥゥ……ゥゥゥ。……。……ゥゥウ!ウゥゥゥ……。
日曜の朝、中途半端なサイレン音が聞こえてきた。
今日はマンションの消防訓練の日。
消防車がやって来る!それだけで、参加する価値は十分にある!
我が家からの参加者は、私とるーと。(ずむ&赤ん坊は留守番)
私は退院後、一度区役所へ行ったきり、外へは出ていない。
エレベーターは使えない設定なので、階段で1階まで降りる。
避難訓練も兼ねているというのに、私の手にはしっかりカメラが。

「おめでとうございます!」「産まれたんやねぇ!名前決まった?」
産後初めて顔を合わせた住民と挨拶を交わす。……て、照れくさい。
傍らではるーとが「消防車、ポンプ車やったねぇ。はしご車はやっぱ
入らへんかったんやわ、大き過ぎて。ポンプ車は小さいから入ったん
と違う?」と、消防車を見つめていた。乗り物好き小僧は、「消防車」
とひとくくりにすることは許さないのだ。
消防署の人の話があり、消化器を使った消火練習があり、1時間ほどで
訓練は終わった。消防署からのノートや、理事会からのお菓子の山を
手にし、上機嫌でるーとは帰宅した。




我が家の眠り姫は、ピンクのベビー服(←唯一買った)を、ヘビーロー
テーションで着まわしている。るーと似の男顔なので、ピンクは似合わ
ないが、新鮮なあまり、いっちょうらのピンクばかり着せてしまっている。
サイズアウトする頃には、ヨレヨレになっているかもしれない。

ずむ君が風邪気味なこともあり、おだやかに家で過ごした。
まったり、まったり、まったりと。
日頃時間に追われることが多いが、この日の夜はゆっくりとやって来た。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。