スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御堂筋5km闊歩 


御堂筋パレードの代替えイベント「御堂筋kappo(かっぽ)」へ。
御堂筋の一部(梅田新道から本町まで)の約1.5kmを歩行者天国に
し、kappo(闊歩)しながら楽しもうという市民参加型の企画だそうで。
12時前に着いたので、オープニングのマーチングバンドを見ることが
できた。が、御堂筋を歩いて5mも進まないうちに、アンケート協力を
依頼され、「kappoはどうですか?」「御堂筋パレードとどちらが良いと
思われますか」「来年に向けてのご要望はありますか?」早口でまくし
たてられたが……来たばかりでわからんちゅーの。




「なにわ自慢エリア」で、マツボックリ釣りをして遊び、「ジュニア・
キッズエリア」では、小さい子供が参加できる競技体験コーナーが
あり、並ぶ時間が少なくて済んだので、楽々参加することができた。
わざわざ御堂筋を通行止めにして会場にしなくてもいい気がするが、
普段、ガンガンに車が走行している場所を、歩行者で占拠すると
いうのも面白くはある。どうせならと、道路の真ん中を選んで歩いた。




市役所前広場では、三倉茉奈・佳奈参加の行進や知事トーク
(東国原宮崎県知事vs橋下大阪府知事)が予定されていたが、
一ヶ所で長く足止めを食らうのは大変なので、スルーすることに。
中之島でのイベントは、サラッと横目で流して歩いた。
1時を回ってお腹がすいてきたが、狙いをつけていた「帆船食堂
(エスニック料理の屋台)」は行列が出来ている割に、ピンとこない
店並びだったので諦めた。昼食は、街中の店でパパパと手軽に
済ませ、御堂筋に戻ってひたすら南下……

※栴檀木橋=「せんだんのきばし」 最初、読めんかった~(^o^;)




期待してたオープンカフェだったが、オシャレなオープンカフェという
より「仮設休憩所」の色合いが強く、あまり寛げそうに感じなかった。
さらに期待していた全国物産展だが……14時台にして、人気物産
の大半は売り切れで(鳥取バーガーは予約分のみで販売終了だって)、
観光案内パンフをテーブルに並べているだけの「え~、それだけぇ?」
というブースが多かった。
結局、御堂筋kappoで財布を開くことはなかった。
最初に受けたアンケートで、予算を訊ねられた時は、飲食代の予定で
「1人800円ぐらい」と答えていたのだけれど。
タダで楽しめたと言えば聞こえはいいけれど、なんというか、もうちょっと
上手く(購買意欲をかき立てられるように)構成できないものか。
全体的には「大人の文化祭」という雰囲気かな。

我が家の御堂筋kappoでの収穫は、気ぐるみが大の苦手なるーとが、
「トリピーはかわいいから怖くない♪」と言って、すすんでタッチできる
ようになったこと。岡山県の「ももっち」は背後からならタッチ可で、
食博のマスコット「フッピー」とは笑顔で握手まで出来た。
「せんとくんはイヤ、怖い、行きたくない」と、可否で話題となった
奈良県のマスコットにだけは、会う前に拒否反応を示したが。

御堂筋kappoは本町通りが最南端だけれど、その先の難波まで
歩き続けた。梅田から難波まで、ざっと5km。
途中るーとは「ねぇねぇ、今どのへん?心斎橋?難波まだ?
えー、遠すぎだなー!」とリタイヤしかけたこともあったけれど……
4歳児るーと、よく頑張った!私も頑張ったけどね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。