スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物と届き物 


午前中、るーとの幼稚園があった。
登園時は雨、降園時は晴れ。お決まりのように、傘を忘れてきて
しまった。次に幼稚園を訪れるのは4日後。
「イヤ…イヤ…、取りに行きたい、今行きたい…」
お気に入りの傘を置き忘れてしまったことで、るーとは半泣きだ。

3日間降り続いた雨がやっと上がり、午後は雲ひとつない快晴に。
幼稚園に傘を取りに行く途中、近所のグラウンドの近くを通ると、
大きな水たまりが光っていた。この晴れようだと、すぐに乾きそう。
「たーたん、見て!丸いのいっぱい落ちてる!これ、なんだ?」
イチョウの木の根元に、銀杏がコロコロ転がっていた。




無事、置き忘れた傘を持って帰ると、ポストにるーと宛の郵便物が届い
ていた。包みの外側には「JAPAN」の文字が。カナダにいる妹からだ!
郵送日は8月25日となっている。1ヶ月以上もかかる郵便物、カナダは
遠い……と思う。思うけれど、遠い土地にいる妹の触れた物が、こうして
私たちの手元に届くと、不思議と妹が近くにいるような気もしてくる。
乗り物の写真が表紙の本は、るーとへの誕生日プレゼントだった。




車・トラック・トラクター・電車、外国の乗り物の写真がシールになっていて
同じシルエットのページに貼るようになっている。シールの数は600枚。
シール大好きるーとは、早速シルエット探して、ぺたぺた貼り始めた。
シルエットの説明書き(英語)には、すべて、妹直筆の和訳が付箋で
貼り付けられていた。『子供向けに訳すのが難しかったので、るーとくん
に聞かれたら、簡単に言い換えてあげてください』と、手紙に一文が。
英語ができる妹のこととは言え、これだけの和訳は手間と時間が
かかったことに違いない。うれしいなぁ……

本はカナダ全土の天気予報図が載った新聞紙に包まれていた。
新聞1枚でも、どの面で送ろうかを考えたのではないかと思う。
今月末、一時帰国という形で、1年2ヶ月ぶりに妹が帰ってくる。
互いに大きな変化のあった時期なので、1年どころか、2年も3年も
4年も会っていないような、そんな気がしている。妹にとっては
どういう時間だったのか、会えた時に聞いてみたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。