スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港をハシゴ(1) 


大阪から神戸へ車で走った。ポートアイランドを通過中、ポートピアランド
跡地に建つIKEAを見て「そっか、IKEAはこっちにもあったんや!」と
思い出した。関西1号店で話題になったIKEAポートピアだけれど、
大阪にIKEA鶴浜(大阪市大正区)がオープンしてから、私の認識は
IKEA=大阪になってしまっていた。
ま、どちらも行ったことはないのだけれど……

交通量の少ない神戸空港連絡橋を渡る。神戸空港島へは2度目だ。
ポートライナーと並走したかったが、信号待ちをしている間に抜かされて
しまった。橋を上り詰めると、神戸空港の滑走路が見えてくる。
視界に入った飛行機はスカイマークの一機のみ。離陸するようだ。




神戸空港島では空港ターミナルには寄らずに、島の南端にある
神戸空港海上アクセスターミナルの駐車場へ停めた。
今日の目的は……
春に懸賞当選した、神戸-関空のベイ・シャトル往復乗船券利用♪
通常は片道運賃1500円。往復利用で2700円。(幼児は無料)
ベイ・シャトルを利用すると、旅行期間中(30日未満)は、専用駐車場
へ無料で車を停めておけるという大きな特典もある。
船は曜日や時間帯にもよるが、1時間に1~2便、神戸~関空間を
行き来している。駐車場の車は多かったが、ターミナル内の人影は
まばらだ。出航20~30分前は、ガラガラと言ってもいいほど。





神戸空港から関西国際空港まで、ベイ・シャトルで29分。
(陸路ならば湾岸線を走っても、1時間ちょっとはかかる距離)
地図通り直線で南下するだけで、隣県の空港に行けるのだから
不思議だ。推理小説のアリバイトリックで使えそう……(か?)

神戸空港が開港したばかりの頃の話をひとつ。
当時、妹が勤務していた神戸の海沿いのホテルで、挙式した1組の
カップルがいた。式の翌日は、海外ハネムーンへと旅立つ予定で、
意気揚揚と神戸のホテルを後にし、関空まで移動。
移動したのはいいが、なんとそのカップル、大事な手荷物のスーツ
ケースの鍵をホテルに忘れてきてしまっていたのだ!
ホテルでもカップルが忘れた鍵を発見していたが、車・電車、どのルート
で考えても、搭乗便に間に合うよう届けられない。カップルとホテル側と
で電話でやり取りをし、スーツケースを壊して開けるか、鍵を旅行先
(海外)まで送るか……という話になった時に浮かんだのが、この
ベイ・シャトル!ホテルスタッフが船に飛び乗り、関空で待つカップルに
ギリギリで届けることが出来たという、奇跡のような珍事があったそう。

この話のように、緊急利用する人は稀だろうけれど、私たちが乗った
11:45発の便には、30名ほどの乗客が乗り込んで出航した。




先ほど車で通過したばかりの橋をくぐると、南へ向けて一気に加速。
神戸港沖に大型船舶の姿は見えるものの、大阪の湾岸部はほとんど
確認することができなかった。窓から見えるのは海面とカモメだけ。
大きな揺れはなかったけれど、ゴォォォォというモーター音と小刻みな
振動を感じたまま、12:14、定刻通り関空の港に到着した。
海路(24kmを29分)だと、ふたつの空港間が嘘みたいに近く感じる。

※空港をハシゴ(2)へ続く。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。