スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪の薬 

長く咳が続いていた。
嫌な予感が頭から離れず、病院へ行った。
血液検査に、レントゲン検査。
「大丈夫、何ともないですよ」
医師に言われた時、がっくり体の力が抜けた。

私が小学校2年生の時、母が結核で入院したことがある。
幼稚園児の弟と、生後6ヶ月の妹を残して、半年間、帰らなかった。
感染する病気だから、見舞いに行くこともできなかった。
1歳になった妹は、すっかり祖母に懐いてしまっていて、
半年ぶりに会った母を見てワンワン泣いた。人見知り泣きだった。
幼子に忘れられ、抱くことも出来なかった母も、泣いていた。
私も弟も、辛かったけれど、父や、母代わりになってくれた祖母も、
相当辛かったに違いない。

051018.jpg

「咳と痰の薬を出しますね。2、3日もすれば、良くなるでしょう」
風邪でよかった。普通の暮らしが出来る風邪で、本当によかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hibinokatati.blog29.fc2.com/tb.php/14-5730dd3c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。