スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理屋3歳児 


1分、3分、5分が計れる三面体の砂時計。
3分の時計部分が外れてしまい、数日間放置していたら、
気になってしようがない息子るーとが手を出してきた。
「これ、どうしたん?取れてしまったん?るーとくんが、直してくれる!」
※直してくれる=直してあげる。

はめ込むだけなら、すぐまた外れてしまうんだけどな……しっかりと
ボンドで固定しないと……と思っていたら、「直してくれたよー♪」の
軽やかな声が聞こえてきた。


どれどれ。




うお!!!自立してる!!!!
くちゃくちゃにしたセロハンテープを紙に貼り付け、そこへ砂時計を
立てている。なるほど、3分を計りたい時は、ビリッとテープから外し、
逆さまにして貼り付けたらいいわけか……むむぅ~~~。
3歳児の思いもよらぬ修理法に、うならされた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。