スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交野と四条畷 

先週に引き続き、「美味しいシュークリームが食べたい」私と、
「お砂で遊びたい」るーと。私の場合、ターゲットは絞り込んである。
少し前の電車の沿線雑誌(永久保存版・笑)に載っていた、交野市に
あるシュークリームの専門店だ。
こんがり焼かれたシュー生地の間に添えられたキャッチコピーも
「週末だけの、“大人”シュー」……うーん、良さげ♪
土日しか開いていない店舗というのも、秘密チックでいい。
砂場の方は、あれこれ検討した結果、四条畷市の「緑の文化園
むろいけ園地」に決定。関西一円、ちょろちょろ出かけている割には、
交野市(かたのし)、四条畷市(しじょうなわてし)には、縁が薄い
私たち。自宅から車で1時間以内と、そう遠くないのにな~。
これを機に、大阪の北東エリアを勉強、勉強!




JR学研都市線河内磐船駅近くにある、「Little Brown」
ビルの1階だが、通りから隠れるような奥に店舗入口がある。
間口は狭い。シュークリームが並んだショーケースの幅が約2m。
あとは、客が注文するために立つスペースしかない。
小じんまりしているけれど、雰囲気はいい。シミひとつない白い壁、
木の温もり、ケース横に並んだ小さな木製のオブジェ(売り物)、
シュークリームを好きで作ってるという店主の思いが一瞬で伝わる。

ノーマルタイプのシュークリームを2個、レモンカスタードシューを
1個、コーヒーゼリーシューを1個、プリンを1個、以上を購入。
そして、第二の目的地、シュークリーム店から10km離れた
四条畷市の「緑の文化園」に移動。大阪府交野市→奈良県生駒市
→大阪府四条畷市と、県境にまたがる道を走った。




緑の文化園は、公園だけでなく様々なスポーツ施設も集まっている。
いくつかある駐車場の中で、水辺自然公園近くに車を停めた。
駐車料金無料、入場料無料。ありがたい!
その代わり、園内地図(A4用紙)は、100円で有料販売だった。
水辺自然公園は、大きな池沿いにあり、ところどころに川が
流れているため、全体的にしっとり湿度が高い。
遊歩道のほとんどが樹木の影になっているので、地面に積もった
葉が湿ったままで、足裏の感覚は、やわらかい絨毯の上を歩いて
いるよう。ふかふか、ふかふか……飛んでも跳ねても衝撃吸収♪
この日の大阪は、終日曇り空で、気温が低い。
木陰に入ったばかりの時は、肌寒さが心配されたが、歩いていると
ちょうどよく体が温まってきた。暑くもなく寒くもなく、ベスト気温。




高齢のハイカー組と若い釣り組(釣りは禁止だったけれど)、そして
幼児~小学生を連れた家族組、訪れているのはその3つ。
イラスト入りの園内地図から想像していたより、シンプルな場所だ。
森の中をただただ道が続いている……そんな感じ。
長居植物園のツアーに参加している人なら、植物観察をしながら
楽しんで山歩きが出来そう。途中、お昼休憩をはさみながら、
約3kmのコース(ファミリートレイル+α)をゆっくりと歩いた。
室池(新池・古池)の鏡面湖具合は素晴らしかったが、池の堤防に
陣取る釣り人のマナーの悪さにげんなり。付近にはありえないほど、
ゴミが散乱していた。釣り禁止看板を無視するどころか、自分たちが
出したゴミさえも持って帰れないとは。ハァー……




一旦、駐車場に引き返し、道路の反対側に広がるスポーツ施設を
抜けて、遊具場のある「森の宝島」まで歩いた。(管理人さんの話では
森の宝島付近の駐車場は混雑しているらしいので、車は移動せず)
涼しい日だが、高校球児が陣取る球技場は熱気ムンムン。
横断幕の「闘志なき者はグランドを去れ!」の文字に、部外者が
ポケ~っと屋外から眺めるのさえも、ためらっちゃうような。

遊具広場には、るーとの希望に叶う大きな砂場があった。
あとはオヤツ休憩のときに、持参しているシュークリームを
いただけば、本日のノルマはすべて完了…のハズだった。
砂場で出会った、るーとと同い年の男の子とそのお父さん。
すっかり意気投合し、滑り台・わんぱく坂(アスレチック)と
立て続けに遊ぶことになった。シュ…シュークリームどうしよ!?




山の斜面に作られているアスレチック「わんぱく坂」は昇り利用が
メイン。(段差が大きいので、下りは小さい子供だと難しい)
初回は怖がって足が止まる場面もあったるーとだったが、男の子に
先導されて、なんとか登り切った。「もう一回~♪」長い階段を降り、
再チャレンジ。お!スピードアップしている。そして「もう一回~♪」…
3回目ともなると、ニコニコ笑顔で登っている。
付き添ったずむ君が手を貸す回数も激減。まだ一人きりでは無理
だけれど、保護者がいればそこそこのペースで登れるように。
私は写真係に徹し、アスレチックは一部分で遊んだだけだったが、
これを何回も繰り返すは、相当ハードだ。相手のお父さんは
ハアハアと息が上がっている。ずむ君はバスケで鍛えて(?)いる
ためか、3往復しても「まだまだ大丈夫」と余裕の笑顔を見せて
いたが……・帰宅するなり、コテンと眠ってしまったるーととずむ君。
おっつかれさ~ん!

※シュークリームはアスレチックの合間にいただいたけれど、
時間が経ち過ぎて保冷剤が溶けてしまっていたり、形が崩れて
しまったり、一緒に遊んだ父子にも分けたりとで、きちんと味わう
ことが出来なかった。またの機会にレポし直しま~~~す(+_+)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。