スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼白ダッシュ 

タタタタタ……軽快な足音が響く。息子るーと、ペットボトルの
空き容器を手に、洗面所とリビングを行き来している。
洗面所からは、蛇口から水が出される音。
リビングからは、ジョボボボと水が流れ出る音。

……ん、待てよ。

……リビングで水音!???

……リビングで水音!???ありえんッ!

「ちょ、ちょ、ちょ…ちょい待ちーーーーーー!」

顔面蒼白、マッハでリビングに飛びこんだ私が見たものとは……




水浸しになった、お絵かきマットだった。
(※水ペンで描くタイプで、マットの裏は防水仕様)

あ~~~、よかった!一瞬まさかとは思ったけれど、直に床に水を
まくほど、3歳児はアホじゃなくてよかった~~~~。
まだまだ水をぶっかける気でいたるーとだったけれど、いくら防水でも
物には限界というものがある。
あふれてからでは遅いので、ゲームセットを言い渡した。
久々に、ドキドキさせられた出来事…だったな~(^□^;)

コメント

■すもるとさんへ■

すもるとさん、こんばんは。
ザンネーン!なるべく見えないように撮ってるのです(笑)
もちろん、すもるとさん対策です!(冗談ですよ~)

集合住宅での水漏れは怖いですよね。
ペットボトルのジョボジョボ音を聞いた時は、真っ先に
そのことが浮かびました。一応、保険には入ってますけど、
菓子折りじゃ、すまないですよね~…(怖い、怖い)

怖い電化製品は客家の恐れのある「古い冷蔵庫」だと、
先日実家の母と話しました。30年近く前の冷蔵庫を
使い続けてきた実家…TVで家電発火番組を見て、背筋が
凍ったそうです。洗濯機やエアコンなら有人利用が主ですが
24時間フル稼働の冷蔵庫に異常が起こると、留守にしていて
帰宅したら大火災!真っ黒焦げ!な~んてことが……
動かなくなるまで使うつもりの母でしたが、冷蔵庫だけは
別だと言って、即刻買い替えていました(^_^;)

ちっち、いけませんなあもうちょっと引いて撮ってくれないと
フローリングの様子が見えへんじゃないですか。
と冗談はさておき、水は怖いです。うちの母親、洗濯機の水を
もらして階下の部屋がびちょびちょに・・・布団がだめに、
雑誌は水吸ってふにゃふにゃ、カセットテープの隅まで水が
入り込んで拭くのが大変。普通なら天井や壁の壁紙まで交換
しないといけないところでしたが、もう古いということで
勘弁してもらいました。何やかやで十数万の出費。それ以来
賠償保険に入ってます。
昔だったら羊羹一本とか長閑なものだったようですが、今は
きっちり賠償しないといけないことが多いようです。
お互い気をつけましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。