スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船で大阪城へ 


「船に乗ろう!」と友人母子と4人で向かったのは、大阪ミナミの湊町。
船は船でも、海ではなく“リバークルーズ”なのだ。
造幣局の桜の通り抜けに行った時、アクアライナーや
ミュージック船など、様々な水上バスを見た。中でも気になったのが、
屋根なし・窓なしボート型の水都号アクアmini
週末に難波に出かけた時も、何度も見かけている船だ。
可動式の(フツーの)椅子が、30ほど並んでいる。料金は大人1000円、
小学生以上500円。(幼児は大人1名につき1名まで無料)
湊町船着場(リバープレイス)⇒太左衛門橋船着場(とんぼり
リバーウォーク・ドンキ前)⇒大阪城港まで約50分で行く。
土日祝のみの運航で、湊町発と大阪城港発、それぞれ1時間に
1本の便がある。湊町発の第一便、11:20発を予約して行ったが、
な~んと貸し切り!(途中からも他の客が乗ってこなかった)
先頭座席を陣取り、工事箇所の多い道頓堀川をしゅっぱーつ♪♪♪




道頓堀川に架かる橋は低い。橋げたまで、手を上げたら届きそう。
船最後部にいる操縦兼ガイドさんのマメ知識的な話を聞きながら
いくつもの橋をくぐって、道頓堀川の最東端へ。
そこからは阪神高速環状線の下を流れる東横堀川を北上。
地図では阪神高速がドーンと構えているため、東横堀川は
隠れてしまってほとんど見えないという、“地図にない川”だ。
半分ほど乗ったところで、大阪城港を出港したアクアminiと
すれ違った。互いに手を振り合ったが、向こうは8~9割座席
が埋まっている。どの時間帯も、大阪城港からの乗客の方が
多いらしい。よかった、湊町から乗って……

東横堀川は狭くて薄暗いイメージがあったけれど、船で通ると
意外や意外、広々としている。高速道路の真下だが、それが
いい感じの日陰を作ってくれている。川の水はどんより濁って
いるが、これなら真夏でも日傘なしで涼しく乗れるだろう。




水門など面白発見ゾーンを通り抜けると、東横堀川が終わって
土佐堀川に出た。一気に開ける視界。うお~、気持ちいい!!!
生憎の曇りで空は真っ白だけれど、屋根なし船には、直射日光
ギラギラよりは有り難い天候だ。




そろそろ終着点。大阪ビジネスパーク群を左手に見ながら
第二寝屋川を進む。(↑画像の平野川は第二寝屋川の間違いです)
この辺りまで来ると、伊丹空港に着陸する飛行機が大きく見えるように。
JAL、ANA、私のアヤシイ視力でもくっきり。
大阪城公園の北岸、ニューオータニの向かい岸に、船は着けられた。
船着場には列を12:05便に乗る人が列を作って待っている。
大阪城付近の川と道頓堀川では、規模も雰囲気も違うので、どちらから
乗るかで川の印象は変わりそうだ。

乗船は他地域からの観光客が大半を占めていると思うが、この船には、
大阪の街(地上部分)を知っている人にこそ、乗ってもらいたい。
大阪の街で仕事をしている人とか。よく遊びに来ている人とか。
ミナミと大阪城間を行き来するのに、電車やバスや車しか利用したことの
ない人に、是非!片道1000円の価値ありッ!
思わず鼻息荒く宣伝したくなるほど、ワタシ的には面白かった。

「お客さん2名(大人)に乗っていただけたので、私も孤独にならずに
済みました。本日はありがとうござました!」
クルーズ中、私たちの専属ガイドをしてくれたお兄さんは最後まで
爽やかにマイクを握っていた。いえいえ、こちらこそ、貸し切り状態を
いいことに、船上をウロウロしたりと好き放題で過ごさせていただき、
ありがとうございました。
面白かったクルーズ記は、後日、本館HP内の「カメラと散歩」にて
続けたいと思う。(アクアminiだけで100枚近く撮っちゃったし・笑)




昼食を済ませて、大阪城公園内を散策した。
大阪城公園へ来るのは、去年の11月以来だ。
城のお足元では、2つほど顔出しの記念撮影ボードが新設されたいた。
タ、タコヤキレンジャーって……!!!大阪城との無理やりなコラボに、
太閤さんに代わって苦笑い。(3歳児にはウケていたけれど)
散策の行程上、汽車型のバス「ロードトレイン」には乗らなかったため、
最後の最後で汽車好きるーとを落胆させてしまった。
今日のメインイベントは船!ということで納得しておくれ~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。