スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にっこりの顔 

2週間ぶりに、るーとを幼稚園の3歳児クラスに復帰させるつもりが、
できなかった。幼稚園までは行ったけど、断固拒否。私から離れる
ことを嫌がり、大泣き。結局、自宅へとんぼ返りすることになった。
こんなはずじゃ……
今まで普通に通えていたのに……
あの入院で、るーとは変わってしまった……

「幼稚園行かなくてごめんなさい。たーたん、にっこりして」

るーとが謝っても、にっこりどころか、返事さえしてやれなかった。
これっぽっちのことで、私の思考はぷっつりと停止……

時間が経ってから、ようやく頭が動き出し、るーとの気持ちを
考える余裕が出てきた。
なぜ「今日は幼稚園行くのしんどいか~。よーし、じゃ、元気な
時は、頑張って行こうなぁ」と言ってやれなかったのか。
たったの3歳、そんなこともあるある、と思ってやれなかったのか。
幼稚園の3歳児クラスに通い出した頃、るーとなら絶対に泣いて
嫌がると思っていた。私だけでなく、るーとを知る誰もがそう思って
いたのに、実際は泣くどころか、呆気に取られるほどあっさりと
教室に入っていった。次の日も、また次の日も、ずっとずっと。
それでてっきり、るーとは「大丈夫な子」だと思ってしまった。
少しぐらい嫌がる素振りを見せたとしても、わかるように話して
聞かせれば、「大丈夫な子」なんだと、勝手に思っていた。

入院後の「甘えん坊るーと」は、変化した結果ではない。
もともとそういう部分も持っていたのが、入院経験によって、強く
表に出るようになってしまっただけのこと。
平然と稚園に通い続けていたるーとも、本当は、不安や淋しさ
を必死に抑えていただけなのかもしれない。
母親に「大丈夫な子」だと思われているから、「大丈夫な子」で
いられるよう、頑張っていただけなのかもしれない。



夕食の「にっこりオムライス」は、ずむ君がるーとへ作った。
「にっこりして、にっこりして。ごめんなさい、にっこりして」
幼稚園からの帰り道、繰り返し言っていたるーと。
あの時、このオムライスみたいに、すぐに応えてやればよかった。

「にっこりできなくて、ごめんなぁ」
るーとに謝ると、「たーたん、もうにっこりなったん?るーとくん、
にっこりがだーい好きやねん。ふふふ」と笑った。
子供の笑顔には敵わない。敵わないのに、るーとは私の笑った顔が
大好きだと言う。怒っても怒っても、にっこりがいいと言う。
るーとにばかり頑張れは言えない。
1回でも多くにっこり笑えるように、私も頑張ろう。

コメント

■秘密コメントをくださった方へ■

久しぶりに悶々としてしまった日記に、コメントを
ありがとうございます(^_^)
お子さんの目線から、お母さんの目線から、いろいろな
内容をいただき、考えさせらることも多かったです。

幼い子供というのは気持ちの切り替えがスムーズで、
大泣きしたかと思ったら、次の瞬間には笑いだしたり。
それを見ていると、大人というのは気持ちにグレーゾーンが
多いな…と思わされます。社会人対応をならば、心では
怒ったり泣いたりしても、表面では平気を装うところですが
相手が身内(特に子供)となると、グレーがもろグレーに
なって、顔や態度に出てしまって。
子供の単純切り替えスイッチが、時々羨ましく思えたりします。

“今だけ”なんですよね~。
あと10年もすれば、叱った後に「ニッコリして」なんて
言ってこないに違いないですから(^_^;)グレーな部分も
子供にも表れてきて、「思春期ってムズカシイ…」と頭を
抱えることもでてきたり。そう思うと、ホント今だけだなーと。

今日は「にっこりデー」に決めたので、ニコニコ&「まあ
えっか~」のホンワカ脱力母さんで行きます♪

■はな✿ฺさんへ■

子供はホントに…よーく顔色見てるよね。
叱った後なんかの「にっこりして」は分かるんだけど、
不意に何でもない時(考え事中とか)に「にっこりして」と
言われると、「え?今私ってば、どんな顔してたんだ!?」
とギクリとすることがあったりします(^_^;)
「いつもニコニコ素敵なお母さん」は無理だけど、
ニコニコ時間が多いお母さんにはなりたいな~って思う……

初夏の遠足?いいね!行こう行こう(^▽^)♪♪♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

元気になってよかった♡

この記事読んで涙ぐんでしまいました。
うちも甘えん坊で
母親の顔色をよく見ている。
『ママ今なんでこわい顔したん?』とか
怒った時によく『にっこりして!』とか言われてたり
していました。
子供にとってお母さんがやさしく穏やかで
いてくれることをとても望んでいるんですね!
ほんとに私も1回でも多くにっこり笑えるように
したいです。

元気になって安心してます。
また落ち着いたら遠足しましょう♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する(※返信はつきません)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。